2000年8月7日(月)

犬山迎帆楼に泊まる


インターハイにやってきた

 今年度のインターハイ(全国高等学校総合体育大会)空手道は、東海大会と同じ美濃加茂で開催されるのですが、今回の宿舎は、犬山市になりました。ここからは交通の便が悪く、会場へのまともな行き方は、徒歩で犬山遊園駅へ。そこから名鉄で新鵜沼へ。鵜沼からJRで美濃太田へ。そこから徒歩十分弱、という感じです。

 準決勝進出を目指しているので、思い切って奮発してタクシー(五千円はかからないはずです。)で出かける予定でしたが、他のみなさんと一緒にということで、まともな行き方で出かけることになりました。

 もちろん、今夜の食事の画像も撮影したし、今日配られた大会グッズも、なかなかおもしろいものばかりでした。

 さて、今回の宿舎は、犬山でも最も古い老舗旅館の一つの、迎帆楼。まだ、帆掛け船が木曽川を渡っていた頃からあった旅館です。僕のような名古屋に住むものにとっては、犬山は日帰り圏。名古屋以上の観光スポットを持つ小都市ですが、とても魅力的です。まず、国宝犬山城。僕の日本三大名城の一つ。一つは当然、姫路城。これを入れないわけにはいきません。彦根城とならんで、魅力的なのがこの犬山城です。日本で唯一個人が所有する城としても有名ですね。

 さらに、博物館明治村。名古屋からの素晴らしいデートコースです。日本モンキーパークは、研究施設としても第一級のものです。リトルワールドは文化人類学的におもいしろい。この三つは名鉄の施設ですが、収益を度外視して、このような施設は維持してもらいたいものです。お城のすぐ下を流れる木曽川は、美濃加茂から日本ラインと名付けられる川下りが楽しめる所です。もちろん古い家並みも残っているし、お酒も食べ物もおいしい所です。

 今回到着して驚いたのは、毎晩八時に花火を打ち上げるということです。五分くらいしか続かないのですが、それぞれの花火は、大きな花火大会で打ち上げられる迫力あるものです。今日は、気がついたのが遅すぎて、撮影が間に合わなかったので、一枚しか写せませんでしたが、明日からは、この時間に準備して狙って、素晴らしい花火画像を撮影するつもりです。



もちろん、立体生中継

 さあ、もう、ここに書くまでないと思いますが、正式な出張として来ているので、普通では明らかにしない宿泊地も明らかにしました。ということは、当然、インターハイ空手道大会の体感立体生中継をします。

 明日の開会式から始まって、それぞれの競技の雰囲気を伝えることが出来たらと思います。もちろん、我が校の選手の準決勝進出の報告も、このサイトで。

 空手道は、NHKのTV中継が、残念ながらありません。そのかわりをつとめることが出来たらなあと思います。

 明日の花火も、直後に掲載しようと思います。この宿は、お城の真下にあるので、せっかくライトアップされた犬山城も木に隠れてしまうので、明日は、下流のダムの場所から、花火に映える犬山城を狙おうと思います。観光写真のような画像を掲載できたらうれしいですね。チャンスは、明日と明後日と二回あります。無事天気に恵まれますように。

 今日は、名古屋の「窓」を更新しました。本当は月に一回は更新したいのですが、夏休みは名古屋にいないことが多いので、なかなか名古屋の画像が掲載できません。



前回8/6「Hiroshimaについて一言」の内容を読む
8/5「Outletの楽しみ」の内容を読む
8/4「髭黒」の内容を読む
8/3「夏休み」の内容を読む
7/29-8/2はほんの少しの夏休み
7/28「ただいま!」の内容を読む
7/19-28はカナダから生中継!
7/17-18は地獄の出国前進行!
7/16「神秘と幻想の皆既月食」の内容を読む
7/15「愛知県選手団結成式」の内容を読む
次回8/8「インターハイ空手道開幕!」を読む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る