2000年7月28日(金)

ただいま!


無事帰国!

 実は、今日本に向かう機内で書いていますが、これが掲載されたのは、もちろん無事帰国した証拠です。今回は、自分のことは何も出来ない旅でしたが、生徒たちの笑顔を、思い切り楽しむことが出来る旅だったので、大満足です。

 今日本時間は朝の八時。僕にとっては夕方なのですが、今頃日本のみんなは、朝が始まっているのですね。様々な方々が、日本の今について教えて下さって、名古屋がどんなに暑いかも、最近の天気の崩れも、とてもよくわかります。もちろん、朝日新聞のトップページだけは速読したので、社会的な様子も詳しいですよ。

 カナダに行っている間に、E-Mailを下さった方、本当にありがとうございました。様々な方の励ましは、元気の源になったし、楽しんで下さった方が多いことが、とてもよくわかって、そのおかげで、最後まで続けることが出来たのだと思います。うれしかったのは、"What's New"が更新されなくなって、桐谷が考えていることが読めなくて淋しいというものでした。

 もちろん、今回の短い十日の旅の間も、様々なことを考えたし、個人的な出来事もいろいろとありました。これから長い時間をかけて、また"What's New"に反映させていこうと思います。今回驚いたのは、"What's New"に書くことが、すでに人生の一部になっていたことです。"What's New"が、こんなに長い間途絶えたのは、最近にはないことで、不思議な寂しさというか空白感を味わいました。毎日の忙しい日々の十分間だけを使って、サイトに何かを掲載しようと始めたものですが、始めてみて、本当によかった。

 とにかく忙しい日々で、最初のプランでは、生徒たちと過ごして、夜は自分の時間として、その日の更新を続けるつもりでした。毎日十二時には眠って、七時間は睡眠時間が確保出来るかなと思ったのですが、甘かった……。



過保護?

 "Live From Canada"の毎日数回更新に挑戦することは、参加する生徒たちにとっても保護者たちにとっても、やりすぎではないかということも、もちろん十分承知していました。実際、自分たちの生活の一部がサイトに掲載されることは、そんなに歓迎されるべきことではないだろうし、これまで、生徒の様子を掲載することに対して、十分慎重にしてきました。

 保護者のみなさんからたくさんのE-Mailをいただいたのですが、全てが大歓迎と感謝を示すもので、多くが、もっと写真をたくさん掲載して欲しいというものでした。もちろん、すぐにご要望に応えたことは言うまでもありません。

 僕の考える僕の高校の教育は、生徒たちに親切にしすぎず、至れり尽くせりにすることなく、生徒たちが自主的に行動することを最優先して、生徒の失敗を先回りして防止せず、生徒が失敗を通じて成長することを保証しようというものです。もちろん、それは最優先のポリシーです。教師が親切すぎたり、手を入れすぎると、生徒の成長を阻みます。



みんなのサイト

 思わぬ出来事もありました。このサイトは、生徒の保護者のためのものだけではなく、親戚や友人や、現地の人々のためのものでもあったのです。膨大なE-Mailをいただきました。驚いたのは、匿名の保護者からの喜びのメッセージです。生徒に見ないでと言われていたのかな?

 極めて狭い範囲の人々が楽しむものだけのものを作ったつもりでしたが、短い間に輪も広がったようです。日に日に、現地の方からのE-Mailが増えて、一緒に過ごす日本からの生徒の昼間の様子を楽しんで下さるようになりました。他の家で過ごす生徒のことも、楽しんで下さいました。ホストファミリー以外の方からも、様々なうれしい言葉をいただきました。何人かの方は、最初の日に教えて欲しかったと言って下さいました。

 毎日の睡眠時間をぎりぎりまで削って、最終日には、睡眠をゼロにして、E-Mailの返信をしたり、サイトを更新したり、その日に撮影した二百枚を越える写真を整理したり、ちょっと無理をしたのですが、本当によかった。

 今にして思えば、このサイトだけ英語にするのでした。日本の家族も、この程度の英語なら理解できるだろうし、僕にとっても、そんなに大変なことではありません。

 たくさんの家族が、僕に対しても、今度来るときは、うちに泊まりに来て欲しいと言って下さいました。何とかスケジュールを調整して、来年の夏には、バンクーバーに立ち寄ることが出来そうなので、是非White Rockに来ようと思いますが、全ての方の家に泊めていただこうとすると、一週間以上滞在しなくてはなりません。とてもうれしいことですね。その中の幾人かとは、滞在中からE-Mailの文通が始まりました。帰国直後に、さっそくチェックすると、たくさんE-Mailが届いていて、うれしい悲鳴をあげました。

 機内で無事到着を報告するE-Mailを書いたのですが、少し修整することになって、あらためて、現地で出会った人々の数の多さに驚いています。



またハードスケジュールが始まるよ。

 さあ、無事帰国して、今夜は、目が覚めるまで眠りたいだけ眠って、またハードスケジュールが始まります。そのほとんどは、ここには書きませんが、自分でも過密スケジュールに驚いています。では、また明日から、毎日、"What's New"を楽しんで下さい。

 今日の画像は、離陸後、カナダ西海岸北部を飛ぶ飛行機からの景色。空席の多い機内で窓際に座る生徒たちは、大喜び。僕にとってはよく見る景色が、生徒にとっては、とても素晴らしいことを知って、新鮮な気持ちになることが、今回とても多かったのですが、これもその一つです。こんな新鮮さは、大切にしたいですね。



日本時間8/2早朝補足

 やっと、自分の休暇に入りました。といっても、毎月2〜3回土曜日に勤務した分のまとめ取りです。今年の夏休みは、自分の休みが全く作れずに、付き添いだけで、四週間近くなります。でも、生徒たちの頑張る姿を間近で見る幸福が味わえますね。

 カナダ付き添い中に、学校の仕事が全く出来なかったために、職務に取り組んでいるうちに、更新は大幅に遅れています。僕自身は、とても元気で、名古屋にいる時と同じように、仕事に追われてはいますが、やはり、少しはリラックス出来ています。美味しいものを食べながら、ショッピングも楽しんで、素敵なパフォーマンスを楽しんでいます。日本時間の、8/2夜に、一回分ほど、更新したいと考えています。



前回7/16「神秘と幻想の皆既月食」の内容を読む
7/15「愛知県選手団結成式」の内容を読む
7/14「女子ソフトボール決勝」の内容を読む
7/13「スポーツ大会」の内容を読む
7/12「保護者会終了」の内容を読む
7/11「サドル盗難!」の内容を読む
7/10「負けるもんか」の内容を読む
7/9「出国十日前」の内容を読む
次回8/3「夏休み」を読む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る