2000年7月8日(土)

台風一過


会心の一枚

 今日の画像は、先週撮影した会心の一枚です。光線はほとんど逆光なので、かえって、この強い日差しの中でも、少しは微妙な色合いも出たように思います。背景の水田も生きているし、この場所を見た瞬間、あっと思って、思わずすぐにオートモードで写した一枚です。

 いつもは、何とかしてよい写真を撮ろうとして、いろいろとマニュアル設定を工夫して何枚も写すのですが、この時は、見た瞬間に、全てが決まって、すぐに撮影が終わりました。

 いつもは、本当にたくさん撮影するので、整理するのが大変で、この"What's New"に使う画像も、同じ場所でも、様々なアングルや、様々な設定で撮影しているので、それぞれを補正しながら、どれを使うか選ぶのに時間がかかってしまうのですが、この場合は、とても楽でした。

 三年間付き合ううちに、そろそろデジタルカメラそのものに慣れてきたはずなので、普段の銀塩写真の撮影の時のように、最適な設定の一枚が、すぐに写せなくてはなりません。何枚でも、経費を気にせずに撮影できるのが、デジタルカメラのよい所ですが、熟練の技で、シャッター一回で最適の一枚が得られるように、がんばろう。



台風第三号

 予想通り、東寄りに進んで、名古屋には、あまり影響はありませんでした。台風第三号が過ぎた後の、空は、雲が美しく拡がっていて、なかなか大きな景色になるのですが、今日は、その画像が撮影できなかったのが残念。

 これからも、何度も颱風がやってくるはずなので、この次のチャンスには、颱風の過ぎ去った、不思議な雲が拡がる空を撮影しましょう。

 実は、今日は、Harry Potter シリーズの第四作"Harry Potter and the Goblet of Fire"の、アメリカでの発売日。午前0時に、本屋さんに行列した人々が買う光景が見られたはずです。もちろん、僕も大ファンで、第一作は、見事に意外なストーリー展開には気がつかず、うんと楽しむことが出来ました。

 今から、全七作を読むことが出来る日を楽しみにしています。生徒たちへの夏休みの読書の一番のお薦めかな? 悪くない翻訳なので、日本語版でいいから、高校生に読んで欲しいと考えています。本当の自分とは何なのかを考える時に、とても、自分を助けてくれるお話です。

 あんな、良質で、わくわくさせられるファンタジーを僕も書きたいものです。



前回7/7「七夕は颱風」の内容を読む
7/6「颱風」の内容を読む
7/5「社会復帰」の内容を読む
7/4「命の『限り』」の内容を読む
7/3「耳を清めながら」の内容を読む
7/2「素晴らしき日曜日」の内容を読む
7/1「青空が待っていた」の内容を読む
次回7/9「出国十日前」を読む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る