2000年7月6日(木)

颱風


台風三号

 季節はずれの台風が近づいていました。天気図を詳しく見ると、予想進路に東海地方もはいっていますが、おそらく、東京から房総半島のあたりに上陸することでしょう。

 何年か前、愛知県東部豊橋のあたりに台風が上陸した時に名古屋も大荒れになったことを思い出します。生徒たちは、台風による休校を期待するものですが、今回は、週休二日の土曜日未明の接近なので、最初から学校は休みです。

 暴風警報発令中は、学校に登校する必要はありません。解除になって二時間後に学校が始まります。半日の土曜日は、八時半、普通の日は十一時まで解除にならないと、そのまま休校です。もちろん、僕たち職員は警報発令中でも登校しなくてはならないのですが、被害に遭う方には申し訳ないと思いながらも、台風の休校は、正直に言うと、うれしいものです。生徒たちがうれしいから、うれしいという気持の他に、自分にとっても、うれしいのです。

 今日は六時間のうち、一時間しかあいていないくて、休み時間も様々な仕事が入っていると、ゆったりする時間がなく、とてもあわただしい毎日になっています。授業は大好きで、何時間でも平気ですが、授業以外の仕事の量がこんなに多いと、休校になった時に、こなすことが出来たら、うれしいかな?



そばの花のアップ

 意外に思ったのは、そばの花の反響が大きかったことです。そば好きな方も多いようで、そばの花は、秋の楽しみな光景なのですね。

 今日の画像は、同じ畑で、一番大きく咲いていた花を上からアップにしたものです。標高1200mを越える場所なのに、とても暑く、ぎらぎらの太陽を浴びながら、元気に咲いていました。

 そばの花は、りんごの花のように好きです。最近では、名古屋からも近い鈴鹿山脈の麓で、大規模に栽培されているので、身近で北海道のような景色も楽しめます。今年の秋は、三重県に撮影に行こうかなあ。

 そばは大好物なので、日本全国、おいしいと言われたお店をせっせと食べ歩いています。最近三年は、QVで撮影を続けていて、膨大な画像がたまっています。地ビールレストランの地ビール画像もたまったし、世界中のお薦めレストランの画像も、たくさんたまりました。何とか、時間を見つけて、このサイトで、僕の基準を越えるお店を紹介したいものです。ウェブ・サイトを展開する企画は、ものすごくたくさんあって、画像も文章もかなり蓄積しているのに、掲載する時間がなかなか見つかりません。

 毎年正倉院展の時期に、おいしい新そばを食べるときに、日本に暮らしていてよかったかなと思います。海外で暮らすようになる時に、十一月には正倉院展と新そばを味わうために、日本に来よう。



前回7/5「社会復帰」の内容を読む
7/4「命の『限り』」の内容を読む
7/3「耳を清めながら」の内容を読む
7/2「素晴らしき日曜日」の内容を読む
7/1「青空が待っていた」の内容を読む
6/30 「学校祭ポスター」の内容を読む
6/29 「祝:79.2kg」の内容を読む
次回7/7「七夕は颱風」を読む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る