2000年6月16日(金)

祝:体重80kgの壁突破!


生活改善の成果

 若い人のダイエットの行き過ぎは、とても心配ですが、大人たちの肥満も、逆に心配です。僕のまわりは、太った人が多いので、僕の変化に刺激を受けて、生活改善をがんばってほしいなあと考えています。以前に書いたことですが、ある先生が、保健の授業で、桐谷のダイエットの記録を教材に使って下さるのも、大きな励みになっていると思います。もともと意志は強い方なのですが、僕くらいになってくると、様々な生活習慣病防止のために、意志とは無関係に、健康に長生きしたいのなら、肥満を解決しなくてはなりません。

 というわけで、今日、帰宅後シャワーを浴びてから体重を計測したら、79.8kgになっていました。今の高校に転勤した直後は、76kgだったので、まだ3.8kgは、本来の状態には戻っていませんが、7/19の終業式までには、76kgを突破していると思います。うれしかったのは、火曜日に、『十二夜』を見たあと、一年担当の先生たちの懇親会があって、その日は、海老・蟹・ウニその他のシーフードがたくさん出て、少しはお酒の許しも出ていたので、冷酒(美味しいものではありませんでしたが)を200ccほど飲んだ後でもあったので、努力が目に見える形になったと思うと、ごきげんな気分でした。

 それでも、原因の一つは、名古屋の暑さ。32.2度まで上がったこの日、六限が終わってから、高体連に書類を提出する出張をしたので、まだ暑い時間帯にウォーキングをしたのも、大きかったかもしれません。

 さあ、これから、少しずつ、適度な運動、必要以上には食べない生活を心がけて、がんばろう。そうそう、血圧にもよい影響が出ていて、30分のハードな運動の直後でも最高血圧は150になりました。少し深呼吸をすると、すぐ145くらいになって、ある程度時間をおくと、138になるのも、うれしいことです。がんばろう!



皇太后の死について

 今日は、夕方から例によって、全チャンネル横並びで、皇太后番組になってしまったようです。もともと地上波は見ない方なので、僕自身が困ることは全くないのですが、天皇の死の時と同じで、今回の出来事が、森に代表されるような、天皇を中心とした国家を作りたい人々に利用されるのには、困ったものです。

 それでも、このサイトを見る方は、もう一度、考えて欲しいのです。多くの方が職を失ったり、収入が減ったりしているときに、税金の中から、莫大なお金が皇室を維持するために使われています(今度正確な金額を調べてみよう)。もしも、そのお金を福祉のために使ったら、日本も、少しはましな国になります。

 公共の福祉のために役立たせなくてはならない、公共のものであるはずの電波メディアも、まるで電波ジャックにあったように、偏った使い方をされてしまう現状、今後、様々な儀式が行われる中で、学校に強制されるはずの、黙祷、半旗など、当然ながら、様々な儀式のための経費、影響はとても大きいのです。

 誰かが亡くなることは、誰の場合でもいたましいことです。でも、この機会に、日本が本当に天皇制を続けて、皇室の人々を生み出さなければ、国家として統合できないような、未熟な人々の集まりであるかどうかを検証して、新しい国の在り方について、考え直したいものです。以前に書いたことですが、今の天皇制は、皇室の人間の自由を大きく制限してしまっていて、少なくとも、もしも僕が皇室の一人として生まれていたら、絶望的に自由のない人生を生きることになってしまっていました。誰かのたった一度の人生をこのようにしてしまう事は、何としても避けなくてはなりません。というわけで、桐谷は、このような時でも、天皇制廃止を訴え続けなければと考えています。

 日本では、総選挙に、皇太后の死が、君が代・日の丸を推進する政党に、得票を増やす影響を与えるのではないかと心配になっています。




前回6/15 「燈台もと暗し」の内容を読む
6/14 「不思議なつながり」の内容を読む
6/13 "Twelfth Night"の内容を読む
6/12「教育実習の始まり」の内容を読む
6/11「We're Shocking YOU!」の内容を読む
6/10「聖地Disney Land……。」の内容を読む
6/9「Happy Birthday!」の内容を読む
次回6/17「雨のささやき」を読む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る