2000年5月9日(火)

かきつばた発見


校内の探検

 短い休暇だったのに、学校に来ると、大きく変化した部分が多くて、放課後の仕事が終わった後は、校内を探検気分でまわりました。今日は、授業は三時間しかなかったのに、国語科の年間指導計画提出の仕事とか、PTA関連の提出物とか、することが多くて、HR通信も、アンケート部分を、八ページ印刷したり、現代文の次の配布プリント十ページ分の製版原稿作成とか、とにかく、なすべきことの多い一日でした。

 放課後も臨時の学年会があったりして、やっと仕事が終わったときは、五時を過ぎていました。それから、プールに部員達の様子を見に行ったり、いろいろなことをしているうちに、結局いつものように、帰宅は六時過ぎになってしまいました。

 その合間を縫って、夕映えの体育館を背景に写したのが、今日の画像です。僕の高校の花は、かきつばた。去年はもっと早く咲いていましたが、今年は、春が遅れたためか、この立派な開花に気がついたのは、今日でした。

 これから、交代で咲きながら、梅雨の間かきつばたは咲き続けます。この画像からはわかりにくいのですが、実は薔薇も今が見頃なのです。

 いつも不思議に思うのは、たぶん、連休前にも、早い株は咲いていたと思うのですが、あわただしく飛び回る身には、視野に入っていたのに、気がつかなかったのでしょう。もう植物に詳しくなって、四季の移ろいに敏感になるはずの年ですが、いまだに、今年初めて気がつく植物に出会うのは、不思議なものです。毎年咲いていたはずなのに、初めて気がついたときに、全てのものには、相応しい時があって、その時になって初めて意味を持つものが、こんなに多かったのかと思い知らされることになります。



疲れが表にあらわれる?

 昨日も書いたことですが、昨日今日と、大勢の同僚に、疲れていますね、と声をかけられました。実際、することが多すぎて、元気になったはずなのに、歩き方が疲れていたりしたのでしょう。新学期から、ずっと気が張っていたのに、連休になって、休養することが出来たので、そこで、どっと疲れが出たのでしょうか? それでも、無理して元気に振る舞うことはやめて、ありのままで気分を楽にしながら生きていこうと考えています。

 一つだけ、気になることがあって、学校の検尿で蛋白が出たそうです。来週再検査をしますが、ちょうど、直前に、最高水準の検尿をしていて、全く問題がなかったので、油断して、中間尿を採る意識が薄れていたのですが、そんなことは、関係ありませんね。蛋白と言えば、一つだけ思い出すことがあります。

 高校の一年生の時に、検尿で蛋白が出て、再検査になりました。保健室の先生が、たまたま自習になった僕たちのクラスで授業をして下さって、その時に、桐谷くん、蛋白が出たわよ、と気軽に話して、教室中が大笑いになりました。ちょっと恥ずかしかったかな? たぶん、その時は、毎朝四時半に起きて朝刊を配って、時間ぎりぎりに学校に来て、夕方はラグビーの練習に燃えていた時期でした。ちょっと寝不足でもあったし、過労気味だったのでしょうか。そんな頃、授業中に鼻血が出てしまって、やはり、教室中が大笑いになったこともありました。目立つ生徒で、ちょっとユニークだったので、何かと笑いを巻き起こしていたように思いますが、とても好意的な笑いでした。この話はいつか書こうと思います。高校一年生の思い出は、本当に自主的に高校生活を動かしていたことばかりで、一つ一つが、教師になってみると、大切な宝物なのです。

 さて、今日、最高に悲しかったことについて。言うまでもなく寂光院の本堂が放火で全焼してしまったことです。明日は、このことについて書きます。本当に、本当に悲しいことです。



前回5/8「久しぶりの学校」の内容を読む
(5/6と5/7は更新もGW休暇)
5/5「鯉のぼりの思い出」の内容を読む
(4/29から5/4は更新もGW休暇)
4/28「明日からゴールデンウィーク!」の内容を読む
4/27「健脚会と歓送迎会」の内容を読む
4/26「明日は健脚会」の内容を読む
4/25「またX線撮影……。」の内容を読む
4/24「咳が止まらなくて……。」の内容を読む
4/23「青空書斎復活」の内容を読む
4/22「愛知万博反対!」の内容を読む
4/21「水抜き開始」の内容を読む
次回5/10「寂光院のかなしみ」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る