2000年5月8日(月)

久しぶりの学校


久しぶりの、どきどき

 久しぶりに学校に来るときはどきどきします。今日感じたどきどきは、毎日のように顔を合わせていたクラスの生徒たちと、長い間顔を合わせなかった時に、感じる新鮮などきどき感でしたが、生徒たちが相変わらず元気に過ごしているかどうかの心配もあったし、複雑などきどきでもありました。それでも、学校そのものが休みだったので、学校がある時に、休暇をとる、複雑な後ろめたさはありませんでした。

 こんなどきどき感が一番強くなるのは、学校を休んで海外で過ごした時で、ちょっとした不安といってもいいような、どきどきした気持になります。これまでで、一番強かったのは、六月下旬、夏至の頃に、北米、フランス、スイス、ドイツ、デンマーク、ノルウェーと、地球一周以上を二週間で飛んだ、数年前の時です。定期考査の時期に休暇をとって、半月の旅をしたことになります。まだその頃は、今のように担任クラスの生徒たちとインターネットで連絡する環境がなかったので、ファックスが連絡の手段で、持ち運んだPowerBookのモデムから、E-Mailのかわりにファックスを学校に送ったものでした。僕自身もまだ若かったので、帰った時に、生徒たちが、前の通りに、お気に入りの先生として接してくれるかが不安だったのだと思います。ちなみに、この夏至の日にヨーロッパ最北端のノールカップに到達する旅は、深い意味を持つ特別の旅で、いつか何かのチャンスに旅行記を書きたくなるような特別な出来事がたくさん含まれていました。

 今日は、やせた? とか、少し疲れてるみたいと言われて、あっ、ストレスが顔に出てしまったかなと思いました。もちろん、連休中に、全てを忘れて、本当の自分に戻って、元気いっぱいになったのですが、強いトラブルが待っていました。



DOSのストレス

 十五年間もMacを使い続けた人間にとって、DOSを使うことは、大きなストレスになるのですが、今日は、顧問をしている水泳部の登録のストレスでした。水泳連盟は、千葉すずさんのことに関して、絶対に間違っていると考えていますが、水泳選手登録用のデータベースシステムも、絶対に間違っています。今の時代なら、コンマ区切りかタブ区切りかスペース区切りのテキストファイルで、データを提出すれば、簡単に汎用データベースソフトで、高度の管理が出来るのに、わざわざ、DOSの使いにくい専用ソフトを使うのは、大きな問題をはらんでいます。おまけに去年作られたソフトは、2000年問題があって、今年のお正月から使えなくなってしまったというお粗末なもの。

 どこが、このソフト開発の仕事を請け負ったのでしょうか? 水泳連盟は、そこに膨大な支払いをしているはずで、実際には必要ないソフトを、わざわざ作って、そこに儲かる仕事を生み出しているのです。おそらく開発者は、翌年に大規模な改訂が必要になるように、わざと作って、2000年対応版を作る仕事で、さらに、収入を得たはずではないのかな? 巨大な組織が権力を持つと、不正を働くというのいうのは、この世の常。僕自身は水泳の競技者ではないので、安心して、良心に従って、発言を続けなくてはと思います。今回のオリンピック代表の件で、千葉すずさんが、国際水泳連盟への抗議や、スポーツ調停裁判所への提訴を検討し始めたとか。日本の間違ったあり方を直すためには、世界の力が必要な場合が多いので、今回も、おそらく日本水泳連盟に大きなメスが入れられることでしょう。

 さて、このソフトのせいで、今日は、大きなストレスが生まれました。Macを使う人にとっては、周辺機器は昔からPlug & Playを実現していたので、プリンタも、ソフト的に印刷させれば、簡単に印刷できるものということは当然なことなのですが、この水泳連盟ソフトで、やっと入力が終わって登録用紙を印刷しようとしても、四台のPCで何度試しても、全く印刷できないか、文字化けしてしまうのです。こんな状態が六時過ぎまで続いて、ぐったり。このままでは、僕の高校の生徒たちは、今年試合に参加できなくなってしまう……。

 もう学校が閉まる時に、あることがひらめいて、無事印刷することが出来たのですが、config.sysというファイルを作る必要がある場面だったのだと思います。Windowsは、たしかに、95、98と進化するなかで、Macに似てきて、一見マウス操作だけで「パソコン」が使えるような幻想を生み出しましたが、何かトラブルに遭遇すると初心者の力では、どうしようもなくなってしまいます。表面は、Macと同じGUIに見えますが、実はDOSの上に衣をかぶせただけ。確かにシェアは圧倒的に多いのですが、使いやすく初心者でも高度なことが実現できるMac OSの素晴らしさ(本当は、MacOSも、まだまだ未来の対話式のコンピュータを思うと、進化させなくてはならないのですが、Windowsを使ったあとには、少ない操作で同じことが出来るので、Macが素晴らしく見えてしまいます……。)を考えると、Windowsがコンピュータだと思いながら「パソコン」の「学習」をしている人たちを生み出した、マイクロソフトへの複雑な思いが生まれます。自分がDOS/Winを使う必要がない時は、Macを使う人は楽が出来るから今のままでいいかな、とも思ってしまうのですが、今日のような時は、やはり、Macの素晴らしさを人々に伝えて、世界を変えなくてはならないと、強く思ってしまいます。

 今日の帰宅直後の血圧は167に達していました。ストレスを解消すべく、様々なことをがんばって、137/88まで下げましたが、これから、ストレスの少ない日々を過ごせるように、環境を整えなくては。

 実は、もう一つ重大なトラブルが待っていました。今夜七時頃から、bekkoameのSMTPサーバのトラブルで、kirium@pisces.bekkoame.ne.jpのE-Mailの送受信が出来なくなりました。桐谷は昨日届いたE-Mailは全て返信をしましたが、もしも、返信が届いていない方は、桐谷にE-Mailが届いていないか、または、桐谷の返信が届いていません。よろしければ、桐谷に問い合わせて下さい。



前回5/5「鯉のぼりの思い出」の内容を読む
(4/29から5/4は更新もGW休暇)
4/28「明日からゴールデンウィーク!」の内容を読む
4/27「健脚会と歓送迎会」の内容を読む
4/26「明日は健脚会」の内容を読む
4/25「またX線撮影……。」の内容を読む
4/24「咳が止まらなくて……。」の内容を読む
4/23「青空書斎復活」の内容を読む
4/22「愛知万博反対!」の内容を読む
4/21「水抜き開始」の内容を読む
次回5/9「かきつばた発見」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る