2000年4月19日(水)

水泳部の始まり


新体制

 今日は、クラブのミーティングがありました。先週のうちに、とりあえず、入部するクラブを決めて、今日が、最初の公式ミーティングといわけです。僕は今年も水泳部顧問。生徒たちが自主的に行動する部活動を、さらに発展させたいものです。

 実は、もう一つ、付添だけですが、空手道部の顧問をします。担任クラスの生徒が大会に参加するので担当することになりました。

 クラブは、高校生にとっては大切な存在だなあと思います。クラスというのは、本当にくじ引きで生まれる集団なので、基本的に、メンバー全員に共通する共通の何かはありませんが、クラブは、そのクラブがすることに興味を持って集まった集団なので、大切な共通点が生まれます。このような集団では、居場所が生まれやすく、共通の世界がどんどん拡がります。

 僕は、自分一人でいることが好きな人間なので、自分が好きで今でも大喜びで続けるスポーツは、一人でするものばかりです。山登りは、自分一人になるために続けているようなところがあって、たった一人で、まわりにも誰もいない状態で雪と氷の世界にいる時、自分が本当の自分に戻りつつあるような実感を味わいます。スキーは、誰かと出かけることは滅多になく、一人でうきうきと滑り続けます。カナダで数キロ滑り続ける時など、スキーの醍醐味ですね。次に好きなのは自転車。もちろん一人で、どこまでも走り続けます。



代議員の仕事

 今年の代議員の初仕事は、校長交渉でした。まだ、最初なので、メンバーの顔合わせという感じですが、管理職側のメンバーと、組合の代表者である僕たちが、交渉をする集まりです。

 僕の今年のテーマは闘いです。僕の信じる人類の普遍的な理想である人権を大切にするためには、様々な人々の人権が尊重される社会を生み出さなくてはなりませんが、その第一歩は、毎日一緒に過ごす生徒たちです。生徒たちを大切にしようとしない、あらゆる力に対して、全力で闘い続ける決意は、日々新たにしなくてはなりません。

 もう、今年担任する生徒たちと一緒に過ごした日々は、十一日。出会った日から、もう二週間が過ぎました。クラスの生徒たちが、自分が望む人生を生きることができるように、サポートしたいなあ。



前回4/18「QV撮影はお休み」の内容を読む
4/17「松阪との深く長い付き合い」の内容を読む
4/16「船形埴輪は感動したよ」の内容を読む
4/15「雨で散りゆく花びら」の内容を読む
4/14「抗議する大切さ。」の内容を読む
4/13「夜桜」の内容を読む
4/12「散り初め」の内容を読む
4/11「桜は残ったよ」の内容を読む
4/10「授業開始」の内容を読む
4/9「桜の美しい場所」の内容を読む
4/8「とりあえず癌ではありません」の内容を読む
4/7「始業式」の内容を読む
4/6「入学式」の内容を読む
4/5「もみじの花」の内容を読む
4/4「フェルメール見たよ」の内容を読む
4/3「ソメイヨシノ開花」の内容を読む
4/2「日に日に春めいて」の内容を読む
4/1「待つことについて」の内容を読む
3/31「びっくりしないで」の内容を読む
(3/28から3/30は更新も春休み)
3/27「春休みも中休み」の内容を読む
(3/19から3/26は更新も春休み)
3/18「今日から春休み:次回更新は3/27朝」の内容を読む
3/17「最後の授業はお別れの日」の内容を読む
3/16「明日は最後の授業」の内容を読む
3/15「面接」の内容を読む
3/14「高校入試」の内容を読む
3/13「最後の冬桜」の内容を読む
3/12「寒緋桜開花宣言」の内容を読む
3/11「枝垂れ梅満開」の内容を読む
3/10「職場復帰」の内容を読む
3/9「出校開始」の内容を読む
3/8「さらに一日静養」の内容を読む
3/7「恢復期」の内容を読む
3/6「松葉杖生活……」の内容を読む
3/5「今だけのもの」の内容を読む
3/4「興奮はさめやらず……」の内容を読む
3/3「今日は雛祭り」の内容を読む
3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
次回4/20「聴力検査」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る