2000年4月12日(水)

散り初め


美しい日本語: 散り初め

 若い人の中には、「散り初め」を、「ちりはじめ」と読む人がいて、びっくりすることがありましたが、今では、「ちりそめ」と読める人が少なくなったようですが、何と美しい日本語でしょう。

 若かった頃、年配の方の、日本語の美しさについてのエッセイに反発したこともありましたが、だんだん、自分が、そんな境地に近づいてきて、驚くことがあります。やはり、その言葉でしか表現できない世界があって、その言葉が訓読みで読まれる、いわゆる大和言葉である時に、美しいなあと思うことがあります。「〜そめ」という言葉には、美しい表現が多いと思うのですが、「まだあげそめし」なんて、素晴らしい時の捉え方だなあと思います。

 あの暴風雨に耐えた桜ですが、この二日連続の暖かさの中で、盛りを過ぎて、時々はらはらと散る姿は、言葉では言えない風情があります。足下には、まだ数えることが出来る程度の花びらが散っていて、しみじみと、何度も味わった散り初めの時期の、様々な出来事を思い出します。

 今日の画像は、校門のわきにあるもみじを真下から狙ってみました。もちろん左側に拡がっているのは、散り初めの桜。いつもの年は、桜の時期が早すぎて、もみじの葉が拡がる前に散ってしまって、なかなかもみじの葉と桜の花びらを同時に撮影することは出来ないのですが、これは、今年だけの風情ですね。

 11/25の「連帯」に、真っ赤に染まる紅葉と四季桜の画像を掲載しましたが、ちょうど、その反対かなと思います。

 そうそう、昨日の4/11「桜は残ったよ」の画像を、会心の一枚に差し替えました。桜のアップを見ていない場合は、もう一度見て下さい。



クラブ紹介

 今日は、授業が五分ずつ短くなって、放課後は、二年生三年生が体育館で一年生にクラブを紹介するイベントがありました。毎年思うのですが、新入生を楽しませようという思いが込められていて、本当に楽しい時間になります。新入生の聴く態度も立派です。

 時々、おもしろいことをしても、全然うけない時もあって、老婆心ながら、もっと自信を持って、堂々と、聴衆を信頼してパフォーマンスをすれば、必ずうけたのに、と思うときがあります。そこが高校生のいい所だと思うのですが、自分たちが恥ずかしがってしまったりするのです。

 でも、ほとんどの場合は、うけていて、やっぱり楽しい時間です。

 どうしてもクラブの数には制約があって、全ての人が自分にぴったりのクラブを見つけることが出来ないかもしれませんが、自分らしいクラブを見つけてほしいものです。



前回4/11「桜は残ったよ」の内容を読む
4/10「授業開始」の内容を読む
4/9「桜の美しい場所」の内容を読む
4/8「とりあえず癌ではありません」の内容を読む
4/7「始業式」の内容を読む
4/6「入学式」の内容を読む
4/5「もみじの花」の内容を読む
4/4「フェルメール見たよ」の内容を読む
4/3「ソメイヨシノ開花」の内容を読む
4/2「日に日に春めいて」の内容を読む
4/1「待つことについて」の内容を読む
3/31「びっくりしないで」の内容を読む
(3/28から3/30は更新も春休み)
3/27「春休みも中休み」の内容を読む
(3/19から3/26は更新も春休み)
3/18「今日から春休み:次回更新は3/27朝」の内容を読む
3/17「最後の授業はお別れの日」の内容を読む
3/16「明日は最後の授業」の内容を読む
3/15「面接」の内容を読む
3/14「高校入試」の内容を読む
3/13「最後の冬桜」の内容を読む
3/12「寒緋桜開花宣言」の内容を読む
3/11「枝垂れ梅満開」の内容を読む
3/10「職場復帰」の内容を読む
3/9「出校開始」の内容を読む
3/8「さらに一日静養」の内容を読む
3/7「恢復期」の内容を読む
3/6「松葉杖生活……」の内容を読む
3/5「今だけのもの」の内容を読む
3/4「興奮はさめやらず……」の内容を読む
3/3「今日は雛祭り」の内容を読む
3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
2/17「Tokyo Disney Resort」の内容を読む
2/16「祝! Mac World Expo/ Tokyo」の内容を読む
2/15「富士山を見たよ」の内容を読む
2/14「Valentine's Day!」の内容を読む
2/13「お金の意味」の内容を読む
2/12「『マルチ・メディア』(死語?)」の内容を読む
2/11「この日は祝わない」の内容を読む
2/10「連休の始まり」の内容を読む
2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
次回4/13「夜桜」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る