2000年4月6日(木)

入学式


入学式

 どきどきしながら、わくわくする一日でした。110HRの生徒たちには、入学式の時に壇上で紹介されるまで、誰が担任であるか、誰にもわからない仕組みになっています。だから、僕たちが壇上にあがる時は、生徒たちの間に、誰が担任になるのだろうというわくわく感が拡がっているのが実感できます。

 1組から順番に紹介が始まると、後半のクラスの生徒たちが、教師の順番を数える姿が見え始めます。

 例によって、10組の担任として紹介されると、会場には笑いが拡がりました。皆と同じように、一歩前に出ておじぎしただけですが、笑いは名前を紹介される前から始まっていました。同僚の中には、僕が何かパフォーマンスをしたと思った人もいたようで、何したの? と聞かれたりしましたが、もちろん、何もしませんでした。もしも何かをするなら、当然会場内の大きな本格的な笑いをとったはずですよ。

 たぶん、以前にも書いたように、存在そのものが笑いを呼ぶのだと思います。世界中どこの地域にいても、赤ちゃんや子どもたちの興味をひくようで、いつもどこでも熱い視線を集めます。

 自分に原因のあるを思い出しましたが、それは二年前赴任した時の着任式です。紹介されたときに、会場の生徒が手を振ってくれたので、頭の中で一瞬のうちに判断して手を振ることにしたのです。せっかく手を振ってくれたのだから無視してはいけない、でも、まだ赴任したばかりだから少しでも厳かな雰囲気になるように協力しなくてはいけない、転勤早々ファンキーな教師と思われてしまってもまずいかな、でも、やはり生徒に答えることが大切だ、というわけで手を振りました。

 最近の出来事を書くと、入試で監督をした時、僕が部屋を出た時に笑いがおこったんだよと新入生が教えてくれました。それまでの間、必死で笑いをこらえていたのでしょう。

 さて、今日の笑いについてですが、好意的な笑いであったようです。今日の画像は、入学式開始十分前の会場風景。



初対面

 式が終わってからは、生徒たちを教室に案内して、提出物の回収を済ませて、様々な話をしました。

 要点をまとめると、(1)天文学的な確率のもと、この教室に集まったこのメンバーの一年、自分たちがこのクラスである必然性があったのだと思える一年にしようね。

 (2)この一年の長さは様々なもので数えることが出来るけれど、秒で数えると、三千七万八百秒。348回の朝を迎えて、たぶん十回位は日の出をながめて、何回くらい笑うだろう? クラスの友だちと話した言葉の単語の数は? でも、数えることが出来ない出来事で盛りだくさんにしたいね。

 (3)僕たちの高校は宝の山と言われるけれど、宝を見つけて、掘り出して、自分を見つけよう。

 (4)誰にとっても居心地のよいクラスになるようなサポートをしたい。

 (5)教師の指示で動くのではなく、自分たちが学校を動かそう。

 (6)クラスのホームページを作ってみない?

 (7)クラスで何かをサポートしない? アフリカにフォスターチャイルドがいたら、わくわくしない?

 (8)クラスで、お誕生会のような、何か独自の行事を考えてみては?

 途中からは、保護者も合流したので、自己紹介をして、いくつかの話をしました。


前回4/5「もみじの花」の内容を読む
4/4「フェルメール見たよ」の内容を読む
4/3「ソメイヨシノ開花」の内容を読む
4/2「日に日に春めいて」の内容を読む
4/1「待つことについて」の内容を読む
3/31「びっくりしないで」の内容を読む
(3/28から3/30は更新も春休み)
3/27「春休みも中休み」の内容を読む
(3/19から3/26は更新も春休み)
3/18「今日から春休み:次回更新は3/27朝」の内容を読む
3/17「最後の授業はお別れの日」の内容を読む
3/16「明日は最後の授業」の内容を読む
3/15「面接」の内容を読む
3/14「高校入試」の内容を読む
3/13「最後の冬桜」の内容を読む
3/12「寒緋桜開花宣言」の内容を読む
3/11「枝垂れ梅満開」の内容を読む
3/10「職場復帰」の内容を読む
3/9「出校開始」の内容を読む
3/8「さらに一日静養」の内容を読む
3/7「恢復期」の内容を読む
3/6「松葉杖生活……」の内容を読む
3/5「今だけのもの」の内容を読む
3/4「興奮はさめやらず……」の内容を読む
3/3「今日は雛祭り」の内容を読む
3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
2/17「Tokyo Disney Resort」の内容を読む
2/16「祝! Mac World Expo/ Tokyo」の内容を読む
2/15「富士山を見たよ」の内容を読む
2/14「Valentine's Day!」の内容を読む
2/13「お金の意味」の内容を読む
2/12「『マルチ・メディア』(死語?)」の内容を読む
2/11「この日は祝わない」の内容を読む
2/10「連休の始まり」の内容を読む
2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
次回4/7「始業式」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る