2000年4月5日(水)

もみじの花


入学式の準備

 今日は、明日の入学式の準備の日。二年生と三年生が出校して、体育館に椅子を出す仕事や、新入生の教室の掃除をしたり、様々な新入生を迎える準備をするのです。大変な仕事をする二三年生にはごほうびがあって、それは、新年度のクラス一覧表の掲示。生徒たちにとっては、どんなメンバーで一年を過ごすかは、とても大きなことです。

 担任が誰かというのも重要なようで、多くの生徒に、〜先生って、どんな人? と何度も聞かれました。授業担当教師も重大な関心事のようで、うれしかったのは、桐谷が担当することを望んでくれていたことです。授業がなくても、これからも仲良く出来るね! 少なくとも、桐谷の新聞"Kirium"は、いつでも読めるし、三年生は、『桐谷のセンター試験90%得点法』を通じて、授業に参加しているようなものです。

 僕自身は、明日の入学式にみんながやって来るはずの教室をきれいにしようと思って、掃除が終わってからも、机の落書きを、可能な限り、こすりながら消してみました。うちの高校では、最も古くて暗く汚れている教室なので、せめて少しでも快適な環境で新生活を始めることが出来るように、一所懸命磨きながら、新しい生徒たちとの出会いへの期待に胸をふくらませていました。

 来年度は、おそらく改修工事。運がいいと、冬休み以降は、自分たちで教室に好きなペインティングが出来るかもしれません。



もみじの花

 通学ルートには、川沿いに、やまもみじの並木があって、まだ若いので、細くかわいいのですが、十年後には、なかなかの景観になりそうな感じです。

 毎年、桜の時期に楽しみなのは、もみじの花を味わうことです。あまり花っぽくないので、つい見過ごされがちなのですが、若葉が開いてくる直前の、この花を、とても楽しみにしています。

 もみじでも、種類によって、花の感じは、少しずつ違って、若葉の中に、花の名残りがまざる風情もなかなかのものです。



前回4/4「フェルメール見たよ」の内容を読む
4/3「ソメイヨシノ開花」の内容を読む
4/2「日に日に春めいて」の内容を読む
4/1「待つことについて」の内容を読む
3/31「びっくりしないで」の内容を読む
(3/28から3/30は更新も春休み)
3/27「春休みも中休み」の内容を読む
(3/19から3/26は更新も春休み)
3/18「今日から春休み:次回更新は3/27朝」の内容を読む
3/17「最後の授業はお別れの日」の内容を読む
3/16「明日は最後の授業」の内容を読む
3/15「面接」の内容を読む
3/14「高校入試」の内容を読む
3/13「最後の冬桜」の内容を読む
3/12「寒緋桜開花宣言」の内容を読む
3/11「枝垂れ梅満開」の内容を読む
3/10「職場復帰」の内容を読む
3/9「出校開始」の内容を読む
3/8「さらに一日静養」の内容を読む
3/7「恢復期」の内容を読む
3/6「松葉杖生活……」の内容を読む
3/5「今だけのもの」の内容を読む
3/4「興奮はさめやらず……」の内容を読む
3/3「今日は雛祭り」の内容を読む
3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
2/17「Tokyo Disney Resort」の内容を読む
2/16「祝! Mac World Expo/ Tokyo」の内容を読む
2/15「富士山を見たよ」の内容を読む
2/14「Valentine's Day!」の内容を読む
2/13「お金の意味」の内容を読む
2/12「『マルチ・メディア』(死語?)」の内容を読む
2/11「この日は祝わない」の内容を読む
2/10「連休の始まり」の内容を読む
2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
次回4/6「入学式」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る