2000年4月4日(火)

フェルメール見たよ


「フェルメールとその時代」7/2まで

 進路の仕事は、昨年度の半分の時間で終わりました。様々な処理のマクロ化に心から感謝! これで来年以降も、作業軽減効果は続きます。DOSパソコンでしたが、無事二千年問題もクリアしたようで、きちんと動いているのは、うれしいことです。

 というわけで、マクロ化の作業に心から感謝しつつ、ぽっかりと自由になった時間を考えると、大阪市立美術館の開館時間内に大阪まで行くことが出来るので、大阪に出かけることにしました。万が一、入院ということになってしまうと、せっかく日本で対面できる五枚を逃してしまうので、とりあえず第一回として出かけたのです。本当は、動かない方が体にはよいのですが、ほんとんどは車中なので、思い切って出かけたました。健康なら、七月までに、あと二回ほどは見に行きたいなあと思います。

 何度見ても大阪だなあと思うのは、天王寺公園の道路の路上カラオケです。道にテントやパラソルがあって、その下にはテーブルや椅子。順番待ちもあるようで、発電器の電源で、大音量で中高年が演歌を歌っています。他の町でも、お花見の時などは、桜の下で歌う姿が見えますが、この路上カラオケは、しっかり営業しているようで、待つ人々は、クーラーボックスからビールやソフトドリンクを買って飲んでいるようです。一曲いくらなんだろう?

 うれしいのは、美術館が有料区域の公園内にあるので、無料で入園出来てしまうことです。十分な余裕はなかったので、動物園は回れませんでしたが、関西では五本の指に入る動物園があります。

 大阪は、名古屋よりも暖かいので、桜の開花は進んでいて、公園の桜は、かなりふくらんでいるか、または、咲き始めていて、ちらほらの一歩手前という感じです。うららかな大阪に行けて、本当によかった。



フェルメールについて

 世界中のあちこちで見たフェルメールを、いつもとは違う組み合わせで、いつもと全く違う光の中で鑑賞できるのは、とてもしあわせなことです。初めてアジアにフェルメールがやってきたわけですが、五年前のあの今世紀最高の展覧会以来、美術館から外に出やすくなったのでしょうか。もちろん、前回と今回のこの貸出を生み出した、企画のアーサー・K・ウィロック氏のご努力というか人脈には、本当に感謝しています。

 冬休みに対面したばかりの、メトロポリタンの『リュートを調弦する女』と、三ヶ月後にまた対面するのは不思議な気分です(ちなみに、3/5のWhat's Newに、フェルメールの話と画像があります。)。さらに、二年ぶりの、ワシントンのナショナル・ギャラリーの『天秤を持つ女』、フランクフルトの『地理学者』、何よりも、デン・ハーグの『青いターバンの少女』は圧巻ですね。

 館内に入って、時計回りに屏風絵を見終わると、今回の展示になります。デルフト派のわかりやすい展示が終わると、いよいよフェルメールの部屋の前に有名な模写の『聖プラクセディス』が待っています。模写とはいっても、原画にはない十字架が書き加えられているので、模写と言うよりも再創作という感じですね。

 照明が、うんと落としてあって、世界の美術館の中で、最も暗い光の中でフェルメールを見ることが出来ます。貴重な作品を借りているので、ここまで光量を落としたのでしょうね。

 今日の画像は、もちろん、フェルメールを展示中の大阪市立美術館の姿です。


前回4/3「ソメイヨシノ開花」の内容を読む
4/2「日に日に春めいて」の内容を読む
4/1「待つことについて」の内容を読む
3/31「びっくりしないで」の内容を読む
(3/28から3/30は更新も春休み)
3/27「春休みも中休み」の内容を読む
(3/19から3/26は更新も春休み)
3/18「今日から春休み:次回更新は3/27朝」の内容を読む
3/17「最後の授業はお別れの日」の内容を読む
3/16「明日は最後の授業」の内容を読む
3/15「面接」の内容を読む
3/14「高校入試」の内容を読む
3/13「最後の冬桜」の内容を読む
3/12「寒緋桜開花宣言」の内容を読む
3/11「枝垂れ梅満開」の内容を読む
3/10「職場復帰」の内容を読む
3/9「出校開始」の内容を読む
3/8「さらに一日静養」の内容を読む
3/7「恢復期」の内容を読む
3/6「松葉杖生活……」の内容を読む
3/5「今だけのもの」の内容を読む
3/4「興奮はさめやらず……」の内容を読む
3/3「今日は雛祭り」の内容を読む
3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
2/17「Tokyo Disney Resort」の内容を読む
2/16「祝! Mac World Expo/ Tokyo」の内容を読む
2/15「富士山を見たよ」の内容を読む
2/14「Valentine's Day!」の内容を読む
2/13「お金の意味」の内容を読む
2/12「『マルチ・メディア』(死語?)」の内容を読む
2/11「この日は祝わない」の内容を読む
2/10「連休の始まり」の内容を読む
2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
次回4/5「もみじの花」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る