2000年3月15日(水)

面接


面接の思い出

 昨日の学力検査に続き、今日は、面接でした。僕の役割や、面接試験の段取りについては、ここでは書きませんが、面接のたびに、様々なことを考えます。

 生まれて初めての面接は、大学院の入試。僕自身のポリシーとして、テストは白紙では出さないというのがあって、とにかく解答欄を埋めてしまいます。文学史の問題で、知らないことが出たのですが、とにかく埋めてしまって、その事について、いろいろと聞かれることになりました。もちろん、様々に工夫しながら、話し続けたのですが、自分の知識の不足を痛感しました。もっと学ばなければと強く決意したのも、その時です。大学二年生からは、これほど勉強する人はめったにいないほど勉強したのですが、まだまだ、世界には無限に学ぶべき事があるなあと思ったのです。

 もう一つの忘れられない思い出は、教員採用試験。僕の受験した年から面接が始まって、確か五人の集団面接だったと記憶しています。当日、僕はネクタイなんてせずに、黒のパンツに、白のシャツブラウス、典型的な高校の夏の制服ルックでした。二つ前のグループの友だちが、ネクタイをした方がいいよと、貸してくれました。合格したのは、彼が貸してくれたネクタイのおかげだと考えています。愛知県は、そのような形を何よりも重視する教育が素晴らしいと考えている県です。話が脱線しますが、採用直後の「新任研修」で「教えられた」のは、「いかにして教室の机をきちんと並ばせるか」と、「生徒の体を傷つけないビンタの方法」とか、そのような内容ばかりで、仮採用の半年間は、おとなしく聞いているふりをしながら、みんなで反発していました。僕の対決の始まりでした。

 ちなみに、「体力検査」も始まって、反復横飛びと握力と立位体前屈が種目だったので、発表されてから、ものすごい特訓をして、そちらも優秀な成績でした。いつか詳しく書くつもりですが、髪の毛が胸よりも長かったので、特撮写真で願書を出して、面接の時も、ぎりぎり肩の長さまで切って、髪を耳にひっかけて、正面からは、髪が長すぎないように見せました。おもしろい話なので、いつか、詳しく書きましょう。



人を見る目

 僕は、人を見る目には自信があります。直感的に、その方の思想を見抜いてしまうのです。もちろん、思想に良い悪いなどありませんが、僕の業界では、やはり、人権を大切にするかどうかは、普遍的な真理ではないかと考えています。

 十五年前、新しい学校に赴任した時、いろいろな方が、とても優しくして下さいましたが、それぞれの方が、生徒の自主性を大切にされて、生徒が考えたこと決めたことを尊重される方かどうかは、一分話しただけで感じ取ってしまって、人々を驚かせたものです。

 人間は、皆個性豊かなので、短い時間でも、その人の個性は見えてしまうと思います。桐谷は、日本中や世界を放浪しているし、ヒッチハイクの専門家なので、これまでに出会った人の数は、数万人を軽く超えます。自分自身を短時間で示すのも得意な方だし、短時間で仲良しになるのも得意です。

 世間一般の面接で、充分その人を見いだして、ふさわしく評価しているかどうかは別として、インタビューというのは、それなりに意味のあることかなと考えていますが、本当に意味のある面接を実現するのは、とても手間暇のかかる難しいことだと考えています。

 さて、今日の画像は、梅と合掌造り。ずっとねらい続けて来たのですが、脚立を立てて、三メートルの高さから撮影しないと、障子の窓を、うまく生かすことが出来ないようです。来年は、工夫してみなくては。



眠られぬ夜

 実は、今日は、すごい出来事がありました。たぶん、これまで続けてきた闘いの中で、一つの峠を越えたのですが、この問題については、また日を改めて書こうと思います。とても興奮して、自分の全てを使って、直接関係なさそうなことにまで言及して、最後の闘いに挑みました。

 四月になるまでには、じっくりと客観的に整理して、まとめてみようかなあと思います。


前回3/14「高校入試」の内容を読む
3/13「最後の冬桜」の内容を読む
3/12「寒緋桜開花宣言」の内容を読む
3/11「枝垂れ梅満開」の内容を読む
3/10「職場復帰」の内容を読む
3/9「出校開始」の内容を読む
3/8「さらに一日静養」の内容を読む
3/7「恢復期」の内容を読む
3/6「松葉杖生活……」の内容を読む
3/5「今だけのもの」の内容を読む
3/4「興奮はさめやらず……」の内容を読む
3/3「今日は雛祭り」の内容を読む
3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
2/17「Tokyo Disney Resort」の内容を読む
2/16「祝! Mac World Expo/ Tokyo」の内容を読む
2/15「富士山を見たよ」の内容を読む
2/14「Valentine's Day!」の内容を読む
2/13「お金の意味」の内容を読む
2/12「『マルチ・メディア』(死語?)」の内容を読む
2/11「この日は祝わない」の内容を読む
2/10「連休の始まり」の内容を読む
2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
次回3/16「明日は最後の授業」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る