2000年3月13日(月)

最後の冬桜


長く続いた子福桜

 昨日書いたように、毎年、名古屋では、本当に長い間子福桜が咲き続けるのですが、今年は、半年間、あちこちの子福桜が交代で咲き続けていたことになります。今日の画像は、寒緋桜すぐ隣の子福桜の、たぶん、最後のはなびらです。画面の右側にも、もう少し、咲いていましたが、そろそろ引退の時のようです。

 後ろには、開花寸前までふくらんだつぼみでいっぱいの寒緋桜があるのですが、ぼけさせてしまったので、わかりにくいかもしれません。これからが、この桜の園の、本当に楽しみな時です。三月中旬からGWまで、交代で、様々な品種の桜が咲き続けます。

 また、春の旅の合間に、時々、桜を見に来るつもりです。



いよいよ僕の高校の入試の始まり

 一年で一番長い日は、もちろん、高校入試の日です。これまで、自分の高校入試を含めて、十八回の入試に付き合ってきたことになります。実際は、推薦入試もあるので、三十回くらいになるのですが、すごい数かなあと思います。もちろん、守秘義務があるので、具体的な話は一切書きませんが、最高に神経を使う日です。

 今日は、会場準備をする日で、生徒たちは半日。お昼には、校舎から生徒たちの姿はなくなって、僕たちは会場作りです。生徒たちは、合計3.5日、家庭学習扱いになるので、平日の自由を謳歌します。ある生徒たちはスノーボードに出かけるし、グループで東や西に出かける生徒たちもいます。

 愛知県の公立学校は、二つのグループに分かれて、三日半ずつ、学校がお休みになるので、旅行代理店にとっては、稼ぎ時で、高校生をターゲットにしているとしか思えないような企画商品も見られます。平日でもあるし、春休みピークの直前なので、充分安いのですが、もちろん、賢い高校生は青春18きっぷを使った、さらに激安の旅にでかけます。前夜発東京ディズニーランドパスポート込み七千円とか、高山や京都や神戸などに、日帰り二千三百円の旅が人気です。老人が多く使う在来線京都往復日帰りも、この時ばかりは、高校生の姿が増えるようです。

 明日が、学力試験、明後日が面接。これで中学三年生は、受験から解放されますが、明々後日も学校では様々な処理が行われます。


前回3/12「寒緋桜開花宣言」の内容を読む
3/11「枝垂れ梅満開」の内容を読む
3/10「職場復帰」の内容を読む
3/9「出校開始」の内容を読む
3/8「さらに一日静養」の内容を読む
3/7「恢復期」の内容を読む
3/6「松葉杖生活……」の内容を読む
3/5「今だけのもの」の内容を読む
3/4「興奮はさめやらず……」の内容を読む
3/3「今日は雛祭り」の内容を読む
3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
2/17「Tokyo Disney Resort」の内容を読む
2/16「祝! Mac World Expo/ Tokyo」の内容を読む
2/15「富士山を見たよ」の内容を読む
2/14「Valentine's Day!」の内容を読む
2/13「お金の意味」の内容を読む
2/12「『マルチ・メディア』(死語?)」の内容を読む
2/11「この日は祝わない」の内容を読む
2/10「連休の始まり」の内容を読む
2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
1/31「久しぶりの学校へ」の内容を読む
1/30「教研終了、津和野へ」の内容を読む
1/29「教研三日目:いろんな分科会をまわろう」の内容を読む
1/28「急遽、今日発表することに」の内容を読む
1/27「教研が始まった!」の内容を読む
1/26の「夜行で萩へ」の内容を読む
次回3/14「高校入試」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る