2000年3月9日(木)

出校開始


生涯後悔しないために

 今日は二時から出校しました。詳しいことを、ここに書くわけにはいきませんが、やはり無理をして出かけてよかった。

 民主的な国家には程遠い日本。民主化を目指しても、それを阻止しようとする強い強い権力者が阻みます。その中の学校も、どんなに職員が民主的なあり方を目指しても、同じ構造の中で苦しみます。最近強く感じるのは、そんな中での闘いは、ガンジーに学ぶことから始まるのかなということです。非暴力不服従。どんな権力者のどんな命令があっても、必ず、弱い立場にある人々を守る、我々弱者ならではの手段があるはず。長い長い闘いになりますが、民主主義の実現を目指してがんばらねば。

 自分一人ではないことが実感できる日でした。というのも、今日無理をして出かけた一番の目的に関しては、いつものように桐谷が頑張る必要が全くないくらいに、他の人々の頑張りがあって、感動して、うれしい思いでした。これだけの、「コンセンサス」があるのなら、とことん、頑張らなくてはと、強く強く決意を新たにしました。

 今日は、もう一つ気がついたことがあります。それは、教育愛の二つの相。誰もが、生徒を愛する気持ちに変わりはないのですが、やはり、大きな違いで、二つに分かれるのです。

 一つは、生徒自身が考えて決めたことを、とことん尊重しながら、生徒の自主性を育む立場。もう一つは、生徒よりも判断力があると考える自分たちの判断を、生徒に提案して、自分たちの考える、よりよいあり方への軌道修正を願う教育愛。多くの場合、人間の愛の分類なんて、難しいことで、境界線なんて、引くことが出来ないのですが、この二つの教育愛は、きっぱりと、境界線が存在します。

 もちろん、僕の教育愛は前者の、生徒の自主性を豊かに育てたい立場です。大人は、成長過程の子どもを見るとき、先回りして失敗させない人生を生きさせようとする傾向があります。特に、勉強に関しては、その気持ちが強くなる方が多いようです。ところが、子ども自身は、失敗の中で、豊かに深く学びます。そして、現代では、子どもたちには失敗して学ぶという深い権利を、親や教師の先回りのために、失ってしまっています。

 僕自身は、子どもたちが考えたことをとことん尊重して、子どもたちが願う人生を生きるような、強いサポートをする大人として、生きていこうと、決意を新たにしています。

明日から出勤

 今日もドクターに、様々な体の向け方で、痛みのチェックをしていただきました。明日から仕事を始めてもいいですかと聞いてみたところ、あまり歩かず、座ったままなら大丈夫、ということでした。

 明日一日休めば、土日もあるし、最高の静養になりますが、明日は、最後の授業があるのです。これは、絶対に休みたくないので、明日から出勤します。

 さて、大変なことが二つあります。一つは、スピーチの小論文の印刷。三日休んでしまったので、印刷が遅れてしまいました。もう一つは、作文のコメント記入。こちらは、たっぷりの時間が必要なので、明日、学校から持ち帰って、土日をかけて仕上げなくては! もう名古屋では、早咲きの桜が咲き始めています。リハビリを兼ねて、週末に、近所を散歩がてら、撮影できたらなあと考えています。

 。生徒サイトリンク集に掲載された、毎日更新のNIBO と、音楽の作品がたっぷりあって、著作権も大切にするサイト、Fxxkin' Sound Creatorの、Webマスターから、アクセスが増えているよというE-Mailをもらいました。まだの方は、是非、アクセスしてみて下さい。

 近い内に、以前勤務した高校の卒業生のサイトへのリンク集も掲載する計画です。

 今日の画像は、柳の新緑の兆しです。もう、枝の一本一本が若葉色に染まり始めていたので、写そうとした瞬間、鳩が挨拶に来ました。思わずシャッターを押したのですが、こうなるとわかっていたら、シャッタースピードを高速にするのでした。この柳は、京都でも有数の柳だと思いますが、重要なヒントは、シャッターを押す僕の後ろには、京都一の枝垂桜(二代目)が、そびえているということです。もちろん、後ろの低山は、東山三十六峰の一部。そう、円山公園のあの枝垂桜の東の池の柳です。


前回3/8「さらに一日静養」の内容を読む
3/7「恢復期」の内容を読む
3/6「松葉杖生活……」の内容を読む
3/5「今だけのもの」の内容を読む
3/4「興奮はさめやらず……」の内容を読む
3/3「今日は雛祭り」の内容を読む
3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
2/17「Tokyo Disney Resort」の内容を読む
2/16「祝! Mac World Expo/ Tokyo」の内容を読む
2/15「富士山を見たよ」の内容を読む
2/14「Valentine's Day!」の内容を読む
2/13「お金の意味」の内容を読む
2/12「『マルチ・メディア』(死語?)」の内容を読む
2/11「この日は祝わない」の内容を読む
2/10「連休の始まり」の内容を読む
2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
1/31「久しぶりの学校へ」の内容を読む
1/30「教研終了、津和野へ」の内容を読む
1/29「教研三日目:いろんな分科会をまわろう」の内容を読む
1/28「急遽、今日発表することに」の内容を読む
1/27「教研が始まった!」の内容を読む
1/26の「夜行で萩へ」の内容を読む
次回3/10「職場復帰」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る