2000年3月6日(月)

松葉杖生活……


鍛えた成果

 日頃から鍛えているので、最小限の被害になったと思いますが、今日、病院で、松葉杖を支給されました。本人には、左足を曲げる時以外は、痛みはないのですが、ドクターから安静にして、横になって、足を体よりも上にするようにという指示が出たので、寝不足が続いたこともあって、静養する決心をしました。授業ができないわけではありませんが、階段の昇り降りに時間がかかるし、無理をして動かさないことが大切なのだと、いろいろな方がおっしゃるので、その通りにしようかなと考えています。

 週末には、スキーが出来る体に復活したいと願っていますが、濡れていてすべってしまって、バランスを持ち直そうとして、左足を通常曲げる方向と違う方向に曲げてしまって、激痛が走って、その場に、座り込んでしまったのです。その時はPowerBookG3とデジタルカメラQV-7000SXを持っていたので、そちらを守ろうという意識が無意識のうちに働いて、幸い、そちらはなんともなかたったのですが、体の方を傷めてしまいました。本当は、すぐに病院に行った方が良かったのですが、今後の教訓、次からは、その場ですぐに病院に行くことにしようと思います。

 残念なのは、明日、火曜日と、明後日水曜日に授業があるのですが、残り二回の授業のうちの一回なのに、授業ができないことです。何とか授業がしたいのですが、治るまで長引いたり、悪化するのは避けなくてはなりません。その授業は、インターネットのホームページを作る授業を予定していましたが、最後の授業の半分を使えばよいかなと思っています。学校のすぐ近くの地下鉄一社駅の近くの病院に行ったので、帰りに、生徒たちに会うことが出来て、事情を話しておきました。



思い出すのは、入院の日々

 97年8/21から、入院したことがあって、その時は、右足首の「蜂窩織炎」でした。(御存じない方は、8月21日「入院」から28日までを御覧ください。)

 その時も、ある意味で入院が休養になったのですが、今回も、二三日、学校に行くことができないのなら、休養になりそうな気がします。身動きがとれないので、運動不足になってしまいそうですが、その分は、カロリーコントロールをして、対応しようかなあと思います。

 抗生物質と痛み止めと消炎剤、合計三種類の内服薬が出ましたが、痛み止めには、眠くなる副作用があるようなので、今までの寝不足を一気に解消できそうです。前回の入院同様、退屈することはないように思います。音楽を聞きながら、本を読んだり、PowerBookG3で、様々な作業をしたり(もちろん、授業の準備も出来てしまいます)、究極の娯楽は、たまってしまった最新DVDを見ることかなと思います。

 いろいろな意味で、自分が若くはないことは、誰よりも強く自覚しているのですが、しなくてはならないことは、以前にもまして増えているので、つい、無理を重ねることになります。とりあえず、先週の徹夜続きの日々を、睡眠をたっぷりとりながら、取り戻しつつ、これからの活動のビジョンを練ろうと思います。一つだけよかったなと思うのは、山で同じ状態にならなくてよかったなということです。

 スキー場でも、雪山でも、よく、同じように、バランスを崩しそうになって、リカバーするのですが、その時と全く同じことがおこって、30kg背負っていたり、時速数十キロで飛ばしているかわりに、大切な壊れ物を持っていただけのことで、もしも、雪山で、避難できる山小屋から遠くの場所で、午後、このような目にあっていたら、ちょっと、苦労することになったかなと思います。

 まだ病名もわからず、ドクターの予想では、靱帯または半月板が傷ついているのではないかということで、五枚、あらゆる角度から撮影した通常のX線では、骨の異常は見つかりませんでした。僕の資料によると、典型的な膝内障(しつないしょう)ではないかと思います。いったんは、よくなっても、後になってからまた、困ったことになるので、今回、じっくりと直さなくては。

 昔なんらかの形でそうなったはずの、骨の異常は見つかったのですが、痛みがないなら大丈夫ということでした。一番苦しかったのは、血を抜いた時で、バナナが一回り太くなったような注射器を患部にさして、たまっている血を抜くのですが、針が進む時には激痛が走り、抜く時には、真空吸引されるような気持ちになって、ちょうど、献血の時に、真空を利用して血を吸い取られる時の感じで、何度も、叫んでいました。明日、また、あの苦痛を味わうと思うと、少し憂鬱ですが、早く治るためには、仕方がないことなのでしょう。

 今日の画像は、京都のある場所から、ある方向を見ていますが、どこから、どこでしょうか? 昨日のフェルメールは、数十通の正解が届いて、びっくり。返事は差し上げませんが、ありがとうございました。塔と、今日と、三問正解の方には、特別ポイントを差し上げて、ポイントをためると、何か、豪華景品と引き換えなんていう、制度を作ってみましょうか。今日から、身動きがとれないので、画像は、これまでの蓄積の中から使います。



前回3/5「今だけのもの」の内容を読む
3/4「興奮はさめやらず……」の内容を読む
3/3「今日は雛祭り」の内容を読む
3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
2/17「Tokyo Disney Resort」の内容を読む
2/16「祝! Mac World Expo/ Tokyo」の内容を読む
2/15「富士山を見たよ」の内容を読む
2/14「Valentine's Day!」の内容を読む
2/13「お金の意味」の内容を読む
2/12「『マルチ・メディア』(死語?)」の内容を読む
2/11「この日は祝わない」の内容を読む
2/10「連休の始まり」の内容を読む
2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
1/31「久しぶりの学校へ」の内容を読む
1/30「教研終了、津和野へ」の内容を読む
1/29「教研三日目:いろんな分科会をまわろう」の内容を読む
1/28「急遽、今日発表することに」の内容を読む
1/27「教研が始まった!」の内容を読む
1/26の「夜行で萩へ」の内容を読む
次回3/7「恢復期」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る