2000年3月3日(金)

今日は雛祭り


お雛様イブ

 よく、誕生日を覚えていてもらえる方で、多くの場合に、お雛様の前日に生まれたと覚えて下さるようです。髪の毛が長く、胸まで届きそうなのは、日本の一般的な感覚としては、男性には珍しいことのようなので、そこで、珍しがられるようです。

 というわけでもありませんが、物心がつく前から、自分の誕生日には、お雛様が飾られていたので、桃の花、お雛様、甘酒、菱餅、全て、自分の誕生日に近いような気がしてきました。姉が家を離れてからも、母が祖母から受け継いだ明治の大きな大きなお雛様と、姉の普通のサイズのお雛様も、飾られ続けていて、お誕生日は、お雛様と卒業式と、切っても切れないものになっています。

 今日の画像は、今年のお雛様。とても小さいのですが、いろいろな所で季節感を大切にした暮らしをしたいなあと考えています。



B版の大切さ

 教育公務員としての守秘義務もあるし、昨日した、なすべきことについては書きませんが、校内の書類をA版へ移行したいというご意向への反論については、書いてみようと思います。

 学校では、いまだに、B版の書類が主流です。企業で働く方には意外に思えると思いますが、学生時代を思い出して下さい。ドイツ起源の世界共通企画のA版ではなく、日本独自企画のB版が使われていたと思います。

 A版を評価される方の気持ちとして、たぶん、A4はB5よりも、サイズが大きい分見やすい、という考えがあると思いますが、一般的に「ワープロ」を使われる方は10ポイントの活字を多く使われますが、12または14ポイントにして、行間、文字詰めに配慮することによって、十分、老眼にも見やすい書類をデザインすることが出来ます。次に、読む速さですが、速読のプロとして発言すると、人間の視野を考えた場合、A3よりはB4、A4よりはB5の方が、視点の移動が少なくてすみ、認識時間が短くなります。ただ、あまりに分厚い書物の場合は、ページの量が増えるはずなので、そのページをめくる時間のロスが生まれますが、数ページの書類では、あまり関係ありません。

 次に、環境に配慮した場合の思想について書きます。

 まず、従来ならB5で印刷出来た少ない分量のテキストは、A4で印刷すると、紙の面積が広くなって、紙資源を多く消費することになります。

 我が校の印刷機は、A3版の紙に印刷することが出来ますが、印刷面積は、最大B4サイズです。この三台の印刷機を生かすためには(A3対応の印刷機が導入されるまでは)、B版で印刷する方が、製版マスターの消費量が少なくなるし、印刷機の回転を半減出来て、機械も長持ちします。

 どういうことかと言うと、A4の紙を印刷する場合は、一回転で一枚ですが、B5の紙の場合は、連写して、B4の状態で印刷して半分に裁断すればよいので、一回転で二枚印刷できる理屈です。この場合の製版マスターの消費は全く同一ですし、インクの消費も同一です。

 A4を四原稿印刷する場合は、製版マスターが、B4サイズで四回分必要ですが、同じ内容は、ほぼB5六原稿に相当しますが、その場合は、製版マスターも、三回分ですみます。

 というわけで、省資源、環境に配慮するならば、B版の方がまさっているので、外部に出す書類は、お役所の主流であるA4に合わせる必要があると思いますが、校内だけの文書に限っては、B版を廃止してはならないと考えています。おまけに、愛知県は、今、財政の最大のピンチを迎えていて、僕たちのお給料も一年に五十万円減らされています。そのような状態では、需用費削減のためにも、B版を大切にしなければと考えています。

 独りよがりな意見は主張したくないので、この点に関して、何かご意見のある方は、是非、教えて下さい。いかがでしょうか?



前回3/2「お誕生日はうれしいね!」の内容を読む
3/1「卒業式」の内容を読む
2/29「今日でテストも終わり」の内容を読む
2/28「京の冬の旅」の内容を読む
2/19〜27は後日更新
2/18「今日は推薦入試」の内容を読む
2/17「Tokyo Disney Resort」の内容を読む
2/16「祝! Mac World Expo/ Tokyo」の内容を読む
2/15「富士山を見たよ」の内容を読む
2/14「Valentine's Day!」の内容を読む
2/13「お金の意味」の内容を読む
2/12「『マルチ・メディア』(死語?)」の内容を読む
2/11「この日は祝わない」の内容を読む
2/10「連休の始まり」の内容を読む
2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
1/31「久しぶりの学校へ」の内容を読む
1/30「教研終了、津和野へ」の内容を読む
1/29「教研三日目:いろんな分科会をまわろう」の内容を読む
1/28「急遽、今日発表することに」の内容を読む
1/27「教研が始まった!」の内容を読む
1/26の「夜行で萩へ」の内容を読む
1/25「急ぎの仕事が入った!」の内容を読む
1/24「まだまだ病院通いは続く」の内容を読む
1/23「生徒のサイトへのリンク集スタート!」の内容を読む
1/22「QV Millennium 始動」の内容を読む
1/21「今年初めて梅の花を見つけた」の内容を読む
1/20「伊吹おろし」の内容を読む
1/19「全国教研結団式」の内容を読む
次回3/4「興奮はさめやらず……」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る