2000年2月10日(木)

連休の始まり


internetの匿名性

 言うまでもないことですが、桐谷も、"internet"と"Internet"と"Net"と「インターネット」と「ネット」を使い分けています。もちろん、この場合は、internet。基本的に、この世界では、本名や住所、様々な個人情報はあかさない方がよいと考えられていますが、僕のポリシーとして、僕個人に関することは、本名で、全ての情報を明らかにしています。

 例外は、三つあって、一つは桐谷以外の個人に関する名前など。たとえば、来月は希望する生徒のサイトを立ち上げますが、生徒には、本名を使わない方法を推奨します。これは、二つ目の例外と関係するのですが、未成年の生徒を守るための方法で、保護者の許可を得るまでは、自分の写真や本名を出すと危険だよと、様々な事例を説明しています。

 二つ目の例外は、学校の名前。このサイトは、僕の勤務する学校について、名前を出さないことです。名前を知らなくても、ラグビーに詳しかったり、全国の有名な高校を知っている人なら、すぐにわかってしまうことですが、あくまでも、非公式のサイトとして、学校の公的立場からは離れて、自由に、僕の高校の素晴らしさを描きたいのです。

 三つ目の例外は、自分の現在地。本当に移動する人間なので、一年に自分が移動した距離を計算すると、地球を四周ほどすることになります。ピークの頃は、飛行機だけで、地球を十周近くした頃もあって(バブルの時代です)、最近は、昔ほどは動かなくなりましたが、それでも、相当飛び回っているほうです。

 正式にそこにいることが公表出来る時は、サイトで実況中継をしますが、様々な理由で伏せる時が多いのです。

 というわけで、この連休も現在地には触れずに、毎日随想を書き続けます。

最初で最後の雪

 最初で最後の雪だと思うと、つい、学校の中でも、授業のない時間に飛び回ってしまって、いろいろなQV画像をとりまくりました。今日の一枚は、雪の中の菜の花。

 菜の花は、明るい配色が好きで、名古屋の周りでは、十二月から目にすることが出来るので、春の兆し、先駆けとして、毎年楽しんでいます。いつか、雪に埋もれる菜の花を写したかったのですが、どうしても、授業があったりして、撮影に行けなかったのですが、転勤してきて、今の高校は、花の高校。僕が転勤してからもう、二十二ヶ月になるのですが、まだ、一日も花が咲いていなかった日はありませんでした。

 それぞれの四季折々の季語になりそうな植物は、ほとんどそろっていて、交代で咲いています。用務員さんの手入れが素晴らしいので、咲く期間も長くて、うれしくなります。こんな学校で毎日を過ごすと、僕も、ゆったりした気持ちになって、転勤以来体重が六キロほど増えてしまったほどです。

 しばらく、雪の画像を続けようかなあ。


前回2/9「雪遊び」の内容を読む
2/8「雪が降ってきた」の内容を読む
2/7「余命について」の内容を読む
2/6「梅の思い出」の内容を読む
2/5「白梅もぐんぐん開花が進む」の内容を読む
2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
1/31「久しぶりの学校へ」の内容を読む
1/30「教研終了、津和野へ」の内容を読む
1/29「教研三日目:いろんな分科会をまわろう」の内容を読む
1/28「急遽、今日発表することに」の内容を読む
1/27「教研が始まった!」の内容を読む
1/26の「夜行で萩へ」の内容を読む
1/25「急ぎの仕事が入った!」の内容を読む
1/24「まだまだ病院通いは続く」の内容を読む
1/23「生徒のサイトへのリンク集スタート!」の内容を読む
1/22「QV Millennium 始動」の内容を読む
1/21「今年初めて梅の花を見つけた」の内容を読む
1/20「伊吹おろし」の内容を読む
1/19「全国教研結団式」の内容を読む
1/18「新年最初の徹夜」の内容を読む
1/17「胃検診とセンター処理」の内容を読む
1/16「本当に何もしなかった日」の内容を読む
1/15「静養の始まり」の内容を読む
1/14「センター試験前夜」の内容を読む
1/13「静養を決意」の内容を読む
1/12「気管支喘息は苦しい」の内容を読む
1/11「気管支喘息の疑い」の内容を読む
1/10「Rock Style: メトロポリタン美術館」の内容を読む
1/9「ニューヨークのTIBET ARTS & CRAFTSは大賑わい」の内容を読む
次回2/11「この日は祝わない」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る