2000年2月5日(土)

白梅もぐんぐん開花が進む


さらに開花が進む

 昨日紅梅を見つけたと思ったら、今日は、白梅の開花がさらに進んでいました。この梅は、1/21の、「今年初めて梅の花を見つけた」の梅です。くわしい話は、そこからリンクする名古屋の窓を読んで下さい。二週間のうちに、ぐんぐん花が咲いて、以前は、一部だけが咲いていたのに、もう、こんなにたくさん咲いていました。

 僕たちの業界は、まだまだ完全週休二日は二年後の話です。土曜日の朝、人が少ない道を学校に向かいながら、小学生や高校生だけとすれ違って、少し悲しい気持ちにもなりますが、様々な職種の方々は、深夜や、他の人が休むときに働いているのだから、それを思うと、十分な休みのある、学校は、恵まれている方なのだと思います。

 ついでに、一言。僕の働く愛知県では、僕たち教育公務員のお給料が今年一年間、何と一か月分がカットされました。もちろん、毎月少しずつとボーナスの時に減らされるので、朝三暮四のように、減らされたことを実感しにくいのですが、愛知県の財政は深刻です。県が許せないのは、「単年度限り」という話だったので、四月からは元に戻るかと思ったら、来年度はまた来年度で考えるということで、少なくとも三年、お給料カットが続きます。

 こんな状態で、赤字間違いなしの万博を開催するなんて、おかしな話です。ただ、最近うれしいのは、自然を守ることが出来るような「外圧」が生まれたことです。みんなであんなに頑張ったのに、どうしても開催中止に出来なかった万博ですが、もしかすると、やめさせられないにしても、環境を守ることが出来るかもしれないことです。そうなったらいいなあと思いつつ、これから、もう一度気持ちを新たにして、万博反対の活動を続けなくてはと思っています。



梅の思い出

 いつも思い出すのは、もう十年以上前の、二月下旬に見に行った、長久手の梅です。そこは、丘一つが見渡す限り梅が咲いていて、梅の香りを胸一杯に吸い込んだものです。最近出かけたら、もうそこは、開発されて、区画整理がされていました。今にして思えば、写真を写しておくのでした。

 昨日の紅梅を見ながら思ったのですが、唐招提寺の御影堂にも紅梅がありました。僕たちは年に二回しか敷地内に立ち入ることが出来ませんが、今頃紅梅も咲いている頃だと思います。仏教は全く信じないのですが、鑑真和上の像がある御影堂に、今頃紅梅が咲き始めているなあと思うと、とてもうれしい気分になります。

 若い頃よく出かけた鎌倉や、今でもよく出かける京都や奈良の梅の姿を想像しながら、週末は、がんばって、仕事を進めます。


前回2/4「紅梅の開花」の内容を読む
2/3「希望が見えた日」の内容を読む
2/2「文化発表会最終日」の内容を読む
2/1「文化発表会第一日目」の内容を読む
1/31「久しぶりの学校へ」の内容を読む
1/30「教研終了、津和野へ」の内容を読む
1/29「教研三日目:いろんな分科会をまわろう」の内容を読む
1/28「急遽、今日発表することに」の内容を読む
1/27「教研が始まった!」の内容を読む
1/26の「夜行で萩へ」の内容を読む
1/25「急ぎの仕事が入った!」の内容を読む
1/24「まだまだ病院通いは続く」の内容を読む
1/23「生徒のサイトへのリンク集スタート!」の内容を読む
1/22「QV Millennium 始動」の内容を読む
1/21「今年初めて梅の花を見つけた」の内容を読む
1/20「伊吹おろし」の内容を読む
1/19「全国教研結団式」の内容を読む
1/18「新年最初の徹夜」の内容を読む
1/17「胃検診とセンター処理」の内容を読む
1/16「本当に何もしなかった日」の内容を読む
1/15「静養の始まり」の内容を読む
1/14「センター試験前夜」の内容を読む
1/13「静養を決意」の内容を読む
1/12「気管支喘息は苦しい」の内容を読む
1/11「気管支喘息の疑い」の内容を読む
1/10「Rock Style: メトロポリタン美術館」の内容を読む
1/9「ニューヨークのTIBET ARTS & CRAFTSは大賑わい」の内容を読む
1/8「Metropolitan Operaの新作"The Great Gatsby"」の内容を読む
1/7「欲をコントロールする難しさ」の内容を読む
1/6「"The World is not enough.」の内容を読む
1/5「Tony基金を始めます。」の内容を読む
1/4「生中継もおしまい」 の内容を読む
1/3「NewYork! NewYork!」 の内容を読む
次回2/6「梅の思い出」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る