2000年1月30日(日)

教研終了、津和野へ


教研終了

 始まってしまうと、慌ただしくスケジュールをこなして、今日のお昼前に、一般部門は終了しました。後は開催の中心メンバーの会議だけ。

 実は、今回の教研で、自分はこのままではいけないと思うような震撼する国語の授業実践または、痛烈な桐谷批判を期待していたのですが、みんな頑張っているなあとか、色々な人がいるなあという感想に終わりました。わかったことは、桐谷が進めようとしていることは、自分が開拓するしかないということで、その意味で、とても意義深い時間を過ごしと思います。

 うれしかったのは、同じ部屋になった愛知の高校の組合の人たちと、仲良しになれたことです。これから様々なチャンスに再会するのが、楽しみになりました。前から顔だけ知っていた組合の方と、軽いやりとりが出来るようになったことも、うれしいことです。桐谷は一匹狼なので、とても貴重な出会いでした。

 昨日の夜は、「学校崩壊」の集会があって、愛知の人は、それに出席することになっていて、僕も出席したかったのですが、国語分科会の人の飲み会があって、六七人でしたが、参加することにしました。たばこを吸われる方が二人いて、居酒屋だったのでまわりからも煙が流れて、久しぶりに苦しかった……。最近たばこの煙に悩まされることが、うんと少なくなったので、免疫がなくなってきたのかもしれません。

 話の内容も、桐谷が考える、現代の国語の授業の緊急課題に関連する話には発展せず、今一つ話に入り込めませんでした。「学級崩壊」の集まりに出かけて、発言するべきだったのかもしれません。


津和野へ

 とても短い時間で駆け足になってしまいましたが、津和野に往復しました。残雪の津和野を短時間で撮影しまくりました。

 僕にとっての津和野は、森鴎外と、乙女峠です。鴎外は十歳で上京して、以後、一度も津和野に帰りませんでしたが、石見人森林太郎として死のうとしたように、鴎外にとって重要なふるさとであったと思います。

 乙女峠に、長崎浦上の切支丹が連れてこられたのは、森鴎外が今の小学校低学年の頃。小さな街なので、乙女峠のお寺での過酷な拷問の話も聞いていたはずなのに、鴎外は、一度も、このことにふれていません。

 遠藤周作の『女の一生』で、少しは有名になったかなと思うのですが、殉教の地、乙女峠で見かけた方は一人だけでした。やはり、同業者風で、教研が終わってからやってきたのでしょう、ビデオを撮影していらっしゃいました。もちろん今日の画像は、乙女峠の記念聖堂ですが、残念なのは、時間に追われてパノラマ・ムービーを撮影し忘れたことです。あれだけ雪がきれいなチャンスは、そう滅多にないなあと思うと、悔やまれてなりません。

 いつになるかわかりませんが、津和野の雪景色サイトを作ります。二大テーマは、もちろん森鴎外と乙女峠。ちょっと真剣に取り組みたいのですが、時間がかかると思います。というのも、明日学校に帰ると、採点の山が待っているのです。一年十クラスと、三年三クラス。特に三年生は、四百字の論述問題があるので、大変。ある生徒が、無事トラブルもなく終了したことをE-Mailで知らせてくれて安心でした。

 今は、帰りの最終のひかりの中で更新作業をしています。もう一つ仕事があるので、そちらの方も頑張らねば。津和野で一度インターネットを利用して、名古屋につくまで内蔵バッテリが持続するのは、すごいことです。五時間使えることになっていますが、徹底的に電力消費を抑えると、本当に五時間使えます。画像処理も高速で出来るし、PowerBookの基本性能はデスクトップと全く同等ですね。ただ、ちょっと傲慢な言い方ですが、PowerBook G3/400が必要な方は少ないと思います。このスピードとパワーが必要な仕事をされる方はあまりいないような気がします。そんな方が、是非iBookを使って下さるとうれしいなあと思います。iBookのパワーでさえ、一般的な方の必要量をはるかに上回っています。もうすぐ出る次のiBookはたぶん\178000か\168000。すごい時代になってきましたね。

 今週は休みなしで来週に突入する感じなので、上手に休養しながら体調を整えなくては。


前回1/29「教研三日目:いろんな分科会をまわろう」の内容を読む
1/28「急遽、今日発表することに」の内容を読む
1/27「教研が始まった!」の内容を読む
1/26の「夜行で萩へ」の内容を読む
1/25「急ぎの仕事が入った!」の内容を読む
1/24「まだまだ病院通いは続く」の内容を読む
1/23「生徒のサイトへのリンク集スタート!」の内容を読む
1/22「QV Millennium 始動」の内容を読む
1/21「今年初めて梅の花を見つけた」の内容を読む
1/20「伊吹おろし」の内容を読む
1/19「全国教研結団式」の内容を読む
1/18「新年最初の徹夜」の内容を読む
1/17「胃検診とセンター処理」の内容を読む
1/16「本当に何もしなかった日」の内容を読む
1/15「静養の始まり」の内容を読む
1/14「センター試験前夜」の内容を読む
1/13「静養を決意」の内容を読む
1/12「気管支喘息は苦しい」の内容を読む
1/11「気管支喘息の疑い」の内容を読む
1/10「Rock Style: メトロポリタン美術館」の内容を読む
1/9「ニューヨークのTIBET ARTS & CRAFTSは大賑わい」の内容を読む
1/8「Metropolitan Operaの新作"The Great Gatsby"」の内容を読む
1/7「欲をコントロールする難しさ」の内容を読む
1/6「"The World is not enough.」の内容を読む
1/5「Tony基金を始めます。」の内容を読む
1/4「生中継もおしまい」 の内容を読む
1/3「NewYork! NewYork!」 の内容を読む
1/2「Bonne Annee!」 の内容を読む
1/1「Happy New Millennium!」 の内容を読む
12/31「いよいよMillennium生中継開始」 の内容を読む
12/30「ロンドンはミレニアム直前」 の内容を読む
12/29「12/22からのミニ補足集」 の内容を読む
12/19 「一足早いクリスマスケーキ」 の内容を読む
次回1/31「久しぶりの学校」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る