2000年1月10日(月)

Rock Style: メトロポリタン美術館

ニューヨークで30分自由なら

 もしも30分自由なら、噂のお店や、噂のレストラン、行きたい所がたくさんありますが、もしも、そんな所を十分回った後なら、メトロポリタン美術館か、分館のクロイスターズに出かけることが多いようです。他にも大好きな美術館やコレクションもたくさんありますが、メトロポリタン美術館には、僕にとって、特別な作品も多いし、特別展は見逃せないものばかりなので、つい、何度も足を運ぶことになります。もちろん会員なので、いつでも何度でも無料で入館出来ます。

 この冬は、見逃せないものが二つありました。一つは、アングルの肖像画。あれだけ大規模なものは、生まれて初めて見ました。すごかった! もう一つは、地下にある服飾展示部門の特別展示の、 "Rock Style"です。サイケデリックな照明のもと、メジャーなロック・アーティストの、すごい衣装が展示されていました。

 思い出してみると、この四十年の間に、六十年代はロックの古典になって、古典的なジャズと肩をならべるまでになったかと思うと不思議な気分です。

 

 上の画像の中心は、フレディ・マーキュリーのコスチュームです。今でも、Made in Heavenを聴くたびに、彼がエイズで死にかかっている時に、あれほどまでの思いを込めてレコーディングを頑張った姿を思うと、せつなくなります。あの頃は、Johnのボーカルトラックに、他のメンバーが後から音を重ねて"Free as a bird"を作ったり、残されたボーカルトラックをベースに曲を作ることがはやりました。

 フレディ・マーキュリーの思いは、最後の作品の寅さんを演じた、渥美清と相通ずるものがあるように、思います。人間が生きて、最後に死を迎えるとき、幸運にも、自分の死がいつであるか示される時に、芸術家たちは、残された人々のために最後の作品を残して、人々を励まそうとするのでしょう。

僕の大切な作品は、ブリューゲル

 ブリューゲルは、若い頃から大好きでした。特に、全ては残っていないけれど、世界中に散在する、十二ヶ月の月なみの作品群。メトロポリタンの収穫は、お気に入りの一枚です。この前に座って、ぼーっと過ごすのは、至福の時です。

 今年は、あまりに忙しい日々だったけれど、自分なりに、刈り入れの時を迎えて、いろいろなことを考えました。ブリューゲルの作品は、この前にその作品を見たときから勉強した当時の風俗が、深ければ深いほど、発見も多くなります。それ以外にも、絵を見る中から読みとる、自分だけの読みもあって、神さまの声のような思いです。

 今年特に考えたことは、刈り入れは、自分一人では出来ないことで、みんなの助けを得て、初めて出来ること、さらに、刈り入れの最中も、休養がとても大切なことを、とても示唆的なことだなあと考えました。こんなことを書くと、作品の深みに全然近づいていないような印象を与えるかもしれませんが、こんな一見当たり前のことでも、深い意味を持って示すほど、この作品は、すごいのだと思います。

 さらに、メトロポリタン美術館には、四枚のフェルメールがあります。三枚は、誰もが知っていて、誰もが、重点的に見る作品ですが、実は、フェルメールが三枚ある部屋の東の部屋にも一枚大きな作品があります。一気に四枚見える素晴らしい美術館ですね。数えたことはありませんが、これまで、百日以上は軽く入館した美術館です。ルーブルと同じくらい、深く取り組んでいて、もうガイドが出来るほど詳しいのです。ニューヨークで暮らし始めたら、しばらくの間は、毎日通ってしまいそうですね。


前回1/9「ニューヨークのTIBET ARTS & CRAFTSは大賑わい」の内容を読む
1/8「Metropolitan Operaの新作"The Great Gatsby"」の内容を読む
1/7「欲をコントロールする難しさ」の内容を読む
1/6「"The World is not enough.」の内容を読む
1/5「Tony基金を始めます。」の内容を読む
1/4「生中継もおしまい」 の内容を読む
1/3「NewYork! NewYork!」 の内容を読む
1/2「Bonne Annee!」 の内容を読む
1/1「Happy New Millennium!」 の内容を読む
12/31「いよいよMillennium生中継開始」 の内容を読む
12/30「ロンドンはミレニアム直前」 の内容を読む
12/29「12/22からのミニ補足集」 の内容を読む
12/19 「一足早いクリスマスケーキ」 の内容を読む
12/18 「ちょっぴり酔拳」 の内容を読む
12/17 「死刑廃止を求めて」 の内容を読む
12/16 「木曜日はぐったり」 の内容を読む
12/15 「電気街は楽しい」 の内容を読む
12/14 「今日はハイビジョンの修理」 の内容を読む
12/13 「やっとツリーが立った!」 の内容を読む
12/12 「出口に光が見えるよ 」 の内容を読む
12/11 「勤労奉仕の土曜日」 の内容を読む
12/10 "I've done it!" の内容を読む
12/09「いいこともあるさ」の内容を読む
12/08「採点は続く」の内容を読む
12/07「あと二週間」の内容を読む
12/06「講演は成功」の内容を読む
次回1/11「気管支喘息の疑い」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る