2000年1月1日(土)

Happy New Millennium!

感動の時間

 あまりに感動して、感動の涙が止まりませんでした。やっぱり、来て、本当に、よかった。

 もともとヨーロッパの新年は、あまりに騒々しすぎて、あまり好きではなかったのですが、新たな時代が、心から実感できて、自分のプロジェクトをいくつもいくつも思いつきました。死んでしまうまでに、なすべきことが、こんなにもたくさんあったとは!

 丁寧に扱いたいので、一つ一つ、じわじわとこのサイトで展開します。一つだけ紹介すると、今まで、一切手を触れなかった、お金に真剣に取り組もうということです。世界の人々が幸せになるための基金を始めなくては!

くるみ割り人形の新演出に脱帽

 僕のミレニアムは、Royal Opera Houseの、特別公演から始まりました。毎年のように、何度も見た、『くるみ割り人形』ですが、改築にあわせて、手直しがかなりされていて、ますますよくなっていました。世界の十都市以上で、数十回観ているくるみ割り人形ですが、やっぱり、Royal Balletが、一番かな? 僕の1900年代最後の舞台になりました。また、特別のサイトを作るつもりです。今シーズンは、パリ・ロンドン・NYの『くるみ割り人形』を比較する贅沢を味わうのです。どうして、こんなに、同じ作品なのに、違うんだろう!

ロンドン・アイもオープン

 夜八時に、レーザーショーと花火と共に、ロンドンアイがオープンしました。とてもデザインがよくて、はっと気が付くと、イギリスの旗は配色がフランスと同じなので、色合いが、同じになりますね。大阪の1970年の万博のフランスパビリオンを思い出しました。

 ものすごい盛り上がりで、おしゃれなデザイン。間違いなく、新しいロンドンのランドマークになりますね。旧市街には作らず、新市街につくって、そこから旧市街を見下ろす発想はすばらしいですね。新しい京都駅をデザインした人に、見習ってほしかったなあ。僕なら、地下に新京都駅を作ったのに。

 時間は短かったけれど、花火は、見応えたっぷりでした。盛り上がりたくてたまらない人々は、ここぞとばかり、ものすごく盛り上がりました!

 ロンドン・アイは、これから、僕にとって、特別の場所になりそうです。今回は時間がないと思いますが、この次にロンドンに来たら、真っ先に出かけよう。

こんなすごい花火は見たことがない!

 花火は、本当に好きで、特に、海外の花火は、国民性を表すので、とても楽しみにしています。今回の花火は、もちろん、イギリスらしくて素敵でしたが、特に、すごかったのが、六キロに渡るテームズ川を、二十秒で、花火が、つぎつぎと上がった、"River of Fire"でした。十五分がなんと短かったことでしょう!

 僕の場所からは四カ所分だけがしっかりと見えたのですが、同じ花火が流れるように、次々と上がっていく様は、すごかった。いろいろな楽しみ方をしたのですが、流し取りのように、顔を流して、順番に同じ花火を見るのは、すごいものでした。全長六キロ!

 もちろん、完全ではなく、遠くに見えた花火もあって、音もシンクロしていて、なかなかの気分でした。あたりは、真昼のように明るくなって、とにかく、とにかく感動! 言葉も出ず、出るのは、涙ばかりでした。

 もちろん、日本の繊細な、微妙な花火も大好きですが、今回の花火のスケールの大きさと、お腹に響く重低音は、言葉では言えません。

 誰もと、Happy New Year!を交わしながら、興奮して眠れないかなと思っていたら、風邪を引いてしまって、四十度の熱に苦しみました。今は、かなり楽になって、今夜、また苦しみがおそってくると思いますが、薬に頼らずに治したいものです。こっちでは、インフルエンザが大流行! みんな僕と同じ喉に来る風邪で、みんなごほごほしています。誰にうつされたんだろう? 日本に持って帰ってしまいそうで、三年生には接触しないようにしなくては。

 うがいもがんばったし、最大限気をつけていたのに、無理がたたったのでしょう……。

 では、これから、パリに向かいます。自分の時間が作れたら、今二年生の授業でミロのビーナスを扱っているので、ビデオと、CASIOのQVで、360のQTVRオブジェクトムービーを作りたいなあと思います。

 パリでは、もしかするとインターネットにアクセス時間の余裕がないかもしれないので、次の更新は、NYに着いてからになるかもしれません。掲載はされなくても、新年は、また機内で毎日更新を続けます。アクセスした時には、バックナンバーも、是非見て下さい。

 最後のコンコルドに、もう一回だけ乗るかどうかで迷ったのですが、そのお金を、基金にまわそうと決意して、パリからNYまで、片道一万四千円の旅です。安いでしょ? このテクニックもいつか扱いますね。


前回12/31「いよいよMillennium生中継開始」 の内容を読む
12/30「ロンドンはミレニアム直前」 の内容を読む
12/29「12/22からのミニ補足集」 の内容を読む
12/19 「一足早いクリスマスケーキ」 の内容を読む
12/18 「ちょっぴり酔拳」 の内容を読む
12/17 「死刑廃止を求めて」 の内容を読む
12/16 「木曜日はぐったり」 の内容を読む
12/15 「電気街は楽しい」 の内容を読む
12/14 「今日はハイビジョンの修理」 の内容を読む
12/13 「やっとツリーが立った!」 の内容を読む
12/12 「出口に光が見えるよ 」 の内容を読む
12/11 「勤労奉仕の土曜日」 の内容を読む
12/10 "I've done it!" の内容を読む
12/09「いいこともあるさ」の内容を読む
12/08「採点は続く」の内容を読む
12/07「あと二週間」の内容を読む
12/06「講演は成功」の内容を読む
12/05「講演準備万端」の内容を読む
12/04「講演のアウトライン」の内容を読む
12/03「問題作成終了」の内容を読む
12/02「採点始まる」の内容を読む
12/01「一ヶ月続いたよ」の内容を読む
11/30「最後の一葉も風前の灯火」の内容を読む
11/29「三分一湧水」の内容を読む
11/28「続々更新」の内容を読む
11/27「八ヶ岳紅葉」の内容を読む
11/26「紅葉写真集 starting up ...」の内容を読む
11/25「連帯」の内容を読む
11/24「嵐の前の静けさ」の内容を読む
11/23「大変だ! 締切の嵐がやって来る!」の内容を読む
11/22「いよいよ闘いの日々が始まる……。」の内容を読む
11/21「椿も咲いて」の内容を読む
11/20「祝ラグビー部県大会優勝!!!」の内容を読む
11/19「今朝のしし座流星群見た? 感動したね。」の内容を読む
11/18「Beaujolais Nouveauとともにヨーロッパしし座流星群歴史的大出現」の内容を読む
11/17「今もしし座流星群観測中」の内容を読む
11/16「しし座流星群今夜から観測」の内容を読む
11/15「発表は大成功!」の内容を読む
11/14「久しぶりの完(全)徹(夜)!」の内容を読む
11/13「晩秋の書斎」の内容を読む
11/12「悲しい日:涙雨」の内容を読む
11/11「『在位十年記念式典』に反対!」の内容を読む
11/10「たくさん働いた日」の内容を読む
11/09「豚さんとカエル」の内容を読む
11/08「シェイプアップ」の内容を読む
11/07「今年の紅葉」の内容を読む
11/06「校門前の桜並木」の内容を読む
11/05「子福桜も開花が進む」の内容を読む
11/04「雲は速いね」の内容を読む
11/03「心身の洗濯」の内容を読む
11/02「スケジュール管理」の内容を読む
次回01/02「Bonne Annee!」へ進む
これまでの日記一覧を見る
今日のWhat's Newへ戻る