Last Update Nov 26  Next Update Dec 31

 桐谷育雄の自己紹介のページで、月に一回ずつ更新が目標です。

誕生日

 3月2日の魚座です。僕の生まれた日は雪が降ったとか……。Macで調べたら、土曜日。生まれた時間は午前三時十五分。病院ではなく、自宅で生まれて、お産婆さんが引っぱり出しました。逆子で首に臍の緒がからまっていましたが、うまい具合にくるくるまわって、無事誕生! 生まれてすぐおっぱいにかみついて、ごくごく飲んだそうです。
 姉が教えてくれたのですが、四歳の彼女が布団で寝ていると、そのまま布団ごと、隣の部屋に連れて行かれて、あ生まれるんだなあと思ったということです。家族みんなが欲しがった待望の男の子ということもあって、家族みんなが喜んで、かわいがってくれました。
 一昨年、北野天満宮へ行ったら、大きな看板があって、厄年とありました。「厄」の信仰はありませんが、そろそろ体にがたがくる年なので、本当に気をつけなくては。

作曲家

 専門の楽器はパイプオルガン。夢は、自作のオルガン協奏曲を、世界中のオーケストラを指揮しながら演奏してまわること。
 これまで、ドキュメンタリーの音楽を担当したり、様々な結婚式の音楽を作曲してきました。ちょっと、自慢なのは、毎年卒業生に曲を作ってプレゼントしてきたことです。一昨年は、二月に、予餞会で、いつもと違う演奏をプレゼントしました。今は、予餞会はないので、自分で卒業生を送るライブを企画しなくては。
 楽器は何でも演奏。Rockの楽器の他、世界中の民族楽器を修行してきました。IKU Label Studioは、二十数台のシンセサイザーが、ひしめいています。愛器は、Fender Stratcaster。
 最近の自分について反省しなくてはならないのは、指の練習を怠るようになってしまったことです。二十代半ばの頃は毎日必ず鍵盤に向かっていましたが、最近はレコーディングの時に、多少のミスは、何回かのテイクからいい所だけを取り出して修正することが簡単に出来てしまうので、以前のように、練習することに時間を割かなくなりました。たぶん、演奏家ではなく、作曲家だと意識するようになったためでしょう。
 ベストCD制作は、遅れに遅れています。春までには、カナダ・レコーディングの結果を元に、グランド・マスターを仕上げなくては。冬休みも、もしかすると、一曲ぐらいはスタジオでレコーディングする時間が生まれそうです。

教育者

 高校教師を17年半続けてきました。最初の三年は、島の分校、それから13年は、お城の三の丸のお堀の前の高校でした。一昨年の四月に、区内の県立高校に転勤して、今では、昔からいたような大きな顔をしています。
 教科は国語。今年は110HRの担任。進路指導を担当しています。三年前の担任クラスが開設したホームページもあります。毎年、国語の授業で、希望者のホームページの開設を提案しています。
 高校で、山岳部を創設したいと願い続けています。山に登ることは、教育と同義語だと思うのです。97年の夏山は後立山連峰でどうぞ。青春と山との深いかかわりについては、2000年10月6日「『青春について』解説」をご覧下さい。

桐谷ときってもきれないもの

 何と言っても、Macintosh。この16年間、ずっとMacintoshのおかげで、作ることが出来た作品ばかり。もちろん、このホームページは、99%Macintoshと1%Newton Message Pad 120で作られています。
 もう一つ、CASIOのデジタルカメラQV-2800UXも、Power Book同様、いつでもどんな時でも背中に背負っていて、最高のショットのために、控えています。

趣味

 囲碁とスキー。WOWOW SKI Lessonでイメージトレーニングをして、世界中ですべるのを楽しみにしています。今年こそ、冬休みが終わってから春までの間に、何度もスキーをしよう!
 最近は、細切れの数十秒単位で、自由に出来る時間が生まれたら、囲碁のテキストで勉強しています。自分がやりたいことをやる時間が生まれたら、誰かと碁を打つのが夢です。

読書

 ほぼ一日一冊を義務づけています。速読が得意でよかったなと思うのは、今は、ほとんど自分の時間が作れませんが、十分もあれば、一冊読めてしまうことです。速読のノウハウは、印刷版"Kirium"のPDFの連載「速読道場」を、お読み下さい。
 全作品全日記全断片を完全読破した作家は、高校時代に大好きだった漱石と福永武彦とヘッセです。ちょうど岩波から漱石全集が刊行されたので、毎日のお昼を倹約して、二ヶ月に一冊ずつ2700円で買ったのも、懐かしい高校時代の思い出です。
 時刻表、地図、楽譜、棋譜など、あまり読む対象にならないものも読みます。
 マンガは、マガジンが一番のお気に入り。スピリッツ、サンデー、ジャンプも読んでいます。捨てられているものを拾ってきて、リサイクルしているので、二ヶ月遅れくらいで読んでいます。

映画

 一年に百本は映画館で見ます。四割くらいは、海外で見る日本未公開映画です。
 Hi-VisionやWOWOWでも楽しみますし、アメリカからは、公開前の新作のDVDをごっそり買って帰るので、自慢のハイビジョン・ホームシアターでも、一年に百本以上見ています。MacintoshのDVD DriveをNTSCアメリカ市場向けの1の設定のままで使っていますし、我が家には、アメリカから買って帰った最新のDVDプレイヤーもあります。そのあたりの映画館よりも音質はよいですよ。画面はフィルムを上映した方が深みがあって美しいのですが、最低限ドルビーデジタルでない映画館では見る気がしません。
 人生の感動と、語学の勉強のつもりなので、せっせと映画を見ていますが、同時に映画作りも学んでいます。
 五年以内に、映画をつくる計画があります。国境のない普遍的な語法の映画を通じて、人類と感動を共有するのが夢です。数年の内に、このサイトで出資者を募集する予定で、十万人が千円ずつ出資して下されば、制作費一億円と考えていましたが、もっと違う発想が生まれたので、人々にはお金を出して貰わずに、一億円の映画が作れそうです。
 もちろん、全興行収入は、次回作の制作費三億円をのぞいて、残金は、世界の苦しんでいる人をサポートする基金であるTONY基金とします。

ミュージカル

 いつも、旅のついでにロンドンとニューヨークでは必ずストップ・オーバーして、ウエスト・エンドとブロードウエーで、感動しています。
 最近、出かけるたびに必ず見るのは、"RENT"と、"Whistle down the Wind"と、"The Lion King"です。
 これまでの人生のベスト3は、"GODSPELL"と、"Starlight Express"と、各国で百回以上みた"Cats"です。New Yorkも終演を決めましたが、上演期間が伸びたので、最後にもう一回だけ感動することが出来ました。

オペラ

 十代のころには、軽蔑していた芸術ですが、年とともに、楽しめるようになってきて、今では大好きになって、ここ十年以上は、世界のオペラ座で楽しんでいます。
 この前数えてみたら、人生で最も数多く見た作品は、年に二回は見る、『トスカ』と、何かと見るチャンスの多い『アイーダ』(Veronaだけでも数回見ています)でした。 オペラ座で数えてみると、メトロポリタンオペラが、一番多いのです。公演そのものが多いし、何かとニューヨークに出かけることが多いからですね。

チャンネル

 地上波はNHKの教育・教養番組と『世界ふしぎ発見』だけを見ます。視聴可能チャンネルはとても多くて、BS9HiVisionとWOWOWは、毎日楽しんでいます。
 CSはDirecTVを中心にSKYPerfecTVも受信していましたが、画像の美しいDirecTVが放送をやめたのは、悲しいことです。徹底研究して、最も画質がよく最も安くなるように組合せを考えました。よく見るチャンネルで個別契約しているのは、「クラシカ・ジャパン」、"Channel [V]"、"StarDigio"(これは聞くだけですが、曲名情報もうれしいです。)等。
 地元のケーブルTVも契約していましたが引っ越しした時に、マンションへの取り付けを断られてしまいました。またマンションごと契約したのですが、見るチャンネルがほとんど契約ずみだったので、貴重な契約者を一人失いました。

言語

 日本語は全時代の作品が読めるので、タイムスリップしても、会話が出来ます。英語の映画は字幕が邪魔です。学生時代は、フランス語(四年間)、ラテン語、ドイツ語、イタリア語、スペイン語も学びましたが、卒業後、どんどん忘れていくのが残念でたまりません。
 韓国語、タイ語、広東語、インドネシア語等、旅行会話が出来る言葉もたくさんあります。
 旅に出るときは、必ずそこの言語を勉強してから出かけましたが、最近年をとって、記憶力が落ちてきたのが残念です。

プロフェッショナル

 旅とヒッチハイクのプロ。
 世界の街角でストリートパフォーマンス! 国境を越えても両替をする必要がありません。(老婆心:人々が投げてくれるお金で現地通貨も十分。もちろん自分のためには使いません。)言うまでもなく、音楽は専門家。文章もプロかな? 考える速さで文章が生まれます(でも、文章は内容が深くなければ存在価値はありませんね。)。
 Apple のMacintoshの修理とサポート。困ったら相談して下さい。
 忘れていました……。教師としても、なかなかのプロ。

思想

 人類の普遍的な理想は、人権を守ることだと考えています。
 近日中に、死刑廃止を訴えるサイトを開設しなければ。
 現在の政権政党のほとんどの政策に反対意見を持っています。将来三年だけ政治活動をするかもしれません。

禁煙啓蒙活動

 病院・学校・駅など、公共の場、不特定多数が集まる場を禁煙にしようと考えています。今の高校に転勤して、公共の場が全て禁煙であることに感動しました。
 たばこを吸われる方の気持ちは大切にしたいのですが、吸いたくない人が副流煙を吸わされる現状は、何とかせねばと考えています。たばこ会社の出資で、公衆便所のような排気清浄装置付きの「吸煙所」を設置するアイデアはどうでしょうか?
 未成年が喫煙する現状に対して、TVや映画館のCMと自動販売機の廃止を考えています。こちらも、禁煙を訴えるサイトを開設しなくては。でも、闘う相手は喫煙者の人々ではなく、卑劣なたばこ会社です。たばこが麻薬と同じであることを訴えて、世界からたばこをなくすのが、夢です。

住まい

 名古屋の名東区。 近くに池があって、湖畔の桜がきれいです。

コレクション

 swatchやNIKEは気に入ったものを長年買い続けた結果、ちょっとしたコレクションになりました。NIKEは、現役のものだけで、二か月以上、毎日違うものを履くことが出来ます。古いものは、ブームの時に、売ったら、買った時よりも高い金額が入って、新しいものを買ったり、様々な方面に寄付したりしました。swatchは、一年以上毎日取り替えることが出来ます。最近では、数えきれなくなりました。黒澤の映画史だけでも、十本くらいあります。欲しい人は、相談して下さい。
 LPレコードは、十歳の時に音楽に生きると決めてからの自分の歴史そのものになっています。ものすごくレアなものもたくさんありますよ。
 世界の公共交通路線図は、デザイン的な興味から集めています。地図のコレクションも、世界のテーマ・パークや、それぞれの都市のフリー・マップなど、様々なものが集まりましたが、整理する時間がないのが残念。そのうち専門の司書を雇いたいと考えています。コレクションは、人類に提供しなくては。
 乗車券搭乗券等のチケットは、物心ついてから、乗車した全てのものを集めています。
 テレホンカードを始めとして、様々なカードも集めています。「電電公社」の時代の最初のテレホンカードから集めていて、原則として使用済みのものを集めますが、電電公社時代のものは、袋入り未使用がたくさんあります。
 牛乳瓶のふたは、日本中どこを旅しても、必ず牛乳を飲むので、かなりたまりました。時々、生徒が、いらなくなったものをくれるので、どんどん増えています。
 最近、地ビールレストランのコースターを集め始めました。ものが捨てられない性格です。
 ワイン蔵もちょっと自慢かな? ワインの勉強を深めた頃のコレクションが、今続々と飲み頃を迎えていて、保存もよいので、良質のレストランで飲むよりもおいしかったりします。
 もちろん、蔵書もなかなかですよ。専門の文学は、もちろん、世界の絵本コレクションは、赤ちゃんが産まれて15歳になるまで、毎日違う絵本を読んであげられる量です。本箱には、もう入りきらないので、押入に詰め込まれています。いつか、大きな家に引っ越したら、整理をして、絵本図書館にしたいものです。

宗教

 Mac教徒と思われていますが、実は、ローマ・カトリックのクリスチャンです。洗礼名は、Matthias。「マチア」または「マチアス」または、「マッテア」と発音して、ユダの替わりに十二使徒に加えられた人で、「後から来たものが、先になる」例と考えられています。くじで決められたので、くじ運のいい人です。このサイトは布教活動のためのものではありませんが、神さまの言葉を翻訳することが出来たらなあと考えています。

進路アンケート
 1999年12月に、生徒たちが進路について考える進路LTに関連して、アンケートに記入することになりました。以下は、その全文です。

(1)高校に入る前の、子どもの頃は、どのような職業(子どもの夢)につきたかったですか?

 幼稚園は、日本初の二階運転席があるパノラマカーの運転手。小学校は、NASAの研究者、中学校でミュージシャンを志す。

(2)高校一年生の時、どのような進路に進みたいと思っていましたか?

 ロンドンに移住して、ロック・ギタリストとして世界のスーパースターになるのが、夢だった。毎日アルバイトとお風呂の時間以外は、ずっと指のトレーニングをしていた。
 この夢は今も抱き続けているよ。

(3)高校では文系・理系、どちらに進みましたか? また、その理由は?

 文系。正直に言うと、女の子がいるクラスというのが理由。女の子が少ない高校で、クラスに十人くらいしかいなかった。理系に進むと、男子だけのクラスが多くて、17歳の一年を、女の子なしのクラスで過ごすなんて、想像も出来なかった。
 卒業後、就職せずに、自由に人生を生きたくて、大学に進学するつもりもなかった。

(4)大学は、どのような学部・学科に進みましたか?

 文学部国文学国語学科

(5)その大学、学部を選んだ理由は、なぜですか?

 母が病気になって、孝行息子は、日本で暮らして看病をしようと決意して、その他にも、いろいろな出来事があって、大学で学ぶことになった。卒業してから仕事につくための勉強はしたくなくて、本をたくさん読むことが学問につながる学科を考えた。
 姉の専門でもあって、大学生活をみていて、あんな研究生活を送りたい思いもあった。
 実は、大学入学を決意した頃、小説を書いていて、これまでにない、自分だけの文体で作品を作るための研究をしたい思いもあった。
 「国文」なんて、卒業しても、仕事がないよ、と色々な人に言われた言葉が、僕には積極的な価値を持って、それなら、進もうと思った。
 他の大学と違う理念が気に入って、四年間過ごすならここしかないと思った。奨学金制度も充実していて、苦学生には魅力だった(自慢。ずっと授業料免除だったんだよ。)。

(6)なぜ、高校の先生になったのですか? また、いつ決めたのですか?

 最初の決意は、教育実習の時。こんなに幸せな思いをして、充実した生活を送って、お給料までもらって、いいんだろうかと思った(今では、やっぱりお給料は少なすぎるかなと思うけれど、趣味で高校教師をしているような気もする)。
 大学院の時に、オリエンテーリングのトレーニングをしていたら、突然血尿が出た。八事日赤で、検査を受けて、ナースのぼそぼそ声が聞こえた。「……まだ若いのに……かわいそう……三ヶ月……」そこで、自分の人生に直面して、あと三ヶ月しか人生がないなら、どのように生きようかと考えて、出た結論が、高校で先生をしたいという思いだった。もちろん、勘違いであることがわかったけれど、高校で教師をする魅力は、ますますふくらんでいた。
 研究者として生きていっても、直接的には人類に貢献できない部分に、不満を感じていたし、家庭の事情もあって、高校教師になった。
 人生で、やりたいことはたくさんあって、若いときに、教育の情熱いっぱいに教師が出来る間だけ、期間限定で教師をすることにした。最初に決めた期間を超えてしまったくらいに、幸せを感じる仕事だよ。

(7)もしも、もう一度人生があるなら、どのような職業につきますか? その理由は?

 もう一度人生があっても、若いときは、教師をするよ。ただ、一回だけの人生で、何回分もの人生を歩みたいと思う。長さや多さではなく、豊かな深みを大切にしたい。
 人生の夢は、数年後に商業映画を監督して、その収益で、世界に劇場を作って、世界で苦しんでいる人々を支援する基金も作りたい。製作資金は、十万人の人が、一人$10で、前売り券を買ってくれれば、百万ドル!
 人生に晩年があったら、後進の育成のために、また、教えたいなあと思う。

(8)今、進路に悩む高校生に、人生の先輩として、助言をお願いします。

 人生を長く生きてきて思うのは、いろいろなことを試してみて、失敗する中で実感することが大切だと思うんだ。だから、失敗することのない着実な人生を目指すのではなく、伝聞ではなく、自分の体験で、一つ一つ失敗して納得しながら、生きていって欲しいと願っている。
 それから、実現できるかどうかは考えず、大きな希望と夢を持って欲しいなあと思う。

なぜ学ぶか
 2000年12月の学年通信で、なぜ学ぶかについての特集号を発行します。発行後、僕の文章の全文を、以下に記します。もちろん、学び続けることは、僕のライフワーク。



What's New Kirium Wired! Travel Tips & Tricks Music Books Home


ご意見やご感想はkirium@pisces.bekkoame.or.jpへどうぞ
* * * * * *
Presented by Ikuo Kiriya

(c)1994-2000 桐谷育雄 All Rights Reserved.