白馬山頂からの Quick Time VR パノラマ・ムービー ver.0.7b

更新履歴
8月6日 日本時間03:00 ver.0.7bを掲載
8月5日 日本時間12:00 ver.0.6bを掲載
8月5日 日本時間09:15 ver.0.5bを掲載

Quick Time VRについて

 Apple社は、現代のパーソナル・コンピュータの方向付けをした先進的な企業で、すごい技術をたくさん発表して来ましたが、中でも、すごいのが、Quick Timeだと思います。当時パーソナルコンピュータでビデオを扱うなんて、夢のまた夢だった時に、Mac World Expoのプレゼンテーションに、度肝を抜かれました。
 それ以来、小さな画面で、Quick Time Movieで、様々なことをしてきました。
 数年前Quick Time VRが公開された時、僕も、スタジオの中をマウスを使って自由に動きまわりながら、感動の涙にむせびました。自分でも、こんなのが作れるんだと思うと、長年Macintoshを使い続けてきて、本当によかったと思いました。

白馬山頂Quick Time VR パノラマ・ムービー

 さて、今回のパノラマ・ムービーは、QV特派員の関係で、CASIOさんに使わせていただいたSPINというアプリケーションで作ってみました。何と三分で、出来てしまったんですよ! こんなに素晴らしい手軽さをもたらして下さったCASIOさんに感謝。
 素材も、適当に写した画像なのですが、自動的につなぎ合わせてくれました。これから、時間をかけて、Photoshopでばりばりにチューニングして、だんだん完成させるつもりです。

「白馬山頂Quick Time VR パノラマ・ムービー ver.0.7b」を見る

 容量は181KBあって、28.8のモデムのダイアル・アップで、一分近く必要です。

ver.0.6bについて

 まだプレビューとして、ベータ版を掲載するだけなので、画面の美しさは期待しないで下さい。0.5bは、継ぎ目がまるわかりの旭岳から始まってしまったので、30分かけて、Photoshopで明るさとトーンを補正して、ver. 0.6に掲載しなおしました。
 完璧を目指すと、きりがないので、適当な所で、見切ってしまわなくてはなりませんが、10日には、一応の完成版にしようと思います。と、思いつつ、今夜は、明日の早朝のレコーディングに障るから、もう寝なくてはならないのに、このまま、はまってしまいそうな気配です……。

ver.0.7bについて

 ver.0.6bを見ることが出来ないよというE-Mailをいただいて、確かにデータが壊れていて、詳しい方が、データフォークが0kでリソースフォークは188kになっているよと教えて下さったのをヒントに、修正して、新バージョンを掲載しましたが、今回は、サイズをHalf Sizeにして、きめこまかな映像にしてあります。やはり、いきなり小蓮華方面の継ぎ目がまるわかりなのが残念。今後、細かく修正します。

「五竜岳山頂Quick Time VR パノラマ・ムービー」も見る



後立山連峰ホームページにもどる
このサイト全体のホームページ
自己紹介

What's New Kirium Wired! Home Books Music about us


ご意見やご感想はkirium@pisces.bekkoame.or.jpへどうぞ
* * * * * *
Presented by Ikuo Kiriya
(c)1994-7 桐谷育雄 All Rights Reserved.