白馬大池

白馬大池百面相

  

 左の画像は、向かって左側、つまり白馬大池の南側です。曇っていたのに、一瞬太陽が顔を出して、水面のきらめきが、あまりに鮮やかになったので、思わず、シャッターを押しました。雰囲気だけは伝わるでしょうか?

縞枯風

 白馬大池の反対側の、北側のピークを見上げると、まるで、八ヶ岳の縞枯現象のような姿に見えます。足下の安山岩からハイマツの上の縞枯の雰囲気は、曇り空では、とても神秘的に見えます。

大池山荘正面

 いよいよ、白馬大池の一番北側に到着して、正面には大池山荘が見えます。確か白馬大池にはオオサンショウウオが生息していると聞いたことがあります。一度、水の中に生息する生物に出会ったみたいものですが、いつも、山荘に到着しようとして、足早になって、水面を観察する余裕を失ってしまいます。

次の「大池山荘」を見る


後立山連峰ホームページにもどる
このサイト全体のホームページ
自己紹介

What's New Kirium Wired! Home Books Music about us


ご意見やご感想はkirium@pisces.bekkoame.or.jpへどうぞ
* * * * * *
Presented by Ikuo Kiriya
(c)1994-7 桐谷育雄 All Rights Reserved.