乗鞍岳 西面

白馬大池が見えた!

 乗鞍岳のピークから西側に歩くと、すぐに白馬大池が見えてきます。いつも思うのですが、アプローチが簡単なわりに、神秘的な魅力の深さといったらありません。標高2300m以上の湖(池)の中で、僕のBest 5に入るのですが、みなさんにとってはどうですか? 今回二十枚以上も撮影して、最終的にメモリには、九枚が削除されずに残っていました。
 実は、この写真も、次の写真も、足下の地面が黒くなりすぎてしまったので、その部分だけ、Adobe Photoshopで、明るさとコントラストを補正しました。大池との境界線が不自然になってしまったかな?

見上げると、2469m

 乗鞍岳のすぐ北北西、白馬大池の北北東には、乗鞍岳よりも高いピークがあります。安山岩がごろごろしている姿と、ハイマツとの対比が美しいのですが、曇り空で、美しさがうまく表現できなかったのは、残念です。

さらに近づいた白馬大池

 この写真からは大池山荘がよくわかると思います。山荘のすぐ上にはたくさんのテントが見えていますが、鮮やかな赤や青も、くすんでいます。

亀石に遭遇!

 山では、ガスの中でも、ルートをはずれることがないように、岩にペンキで丸を書きます。岩から首のように出ている部分に、ペンキで顔が書いてありました。飛鳥の亀石の、やすらぎの表情とは違いますが、見ているこちらの顔がやすらいだことでしょう。
 場所をしっかりと覚えているので、来年の春は、雪の下から掘り出してみようかなあと思います。

次の「白馬大池」を見る


後立山連峰ホームページにもどる
このサイト全体のホームページ
自己紹介

What's New Kirium Wired! Home Books Music about us


ご意見やご感想はkirium@pisces.bekkoame.or.jpへどうぞ
* * * * * *
Presented by Ikuo Kiriya
(c)1994-7 桐谷育雄 All Rights Reserved.