死刑の館

 

 僕の高校の正面には、拘置所があって、死刑が行われています。
 僕が毎朝すれ違う職員の誰かは、死刑執行官で、たぶん家族にも話せない苦しみを背負って生きています。近々、このサイトで死刑廃止を訴えますが、国家にも誰にも、どんな理由があっても、人の命を奪うことは許されないと思っています。
 桜の木の下から、拘置所を写してみました。もしかすると、冤罪に泣く死刑囚の誰かが、毎朝この葉を見ながら、最後の一枚が落ちる前に自分も処刑されるのかと、死の恐怖におびえ続けているのでしょうか……。
 そんな人にも、この木が大きな慰めになりますように。 


次の落ち葉へ進む
街の木々へ戻る
写真集『木のささやき』へ戻る
QV写真館へ戻る
このサイト全体のホームページへ戻る