日本は、どこででも、美しい桜を味わうことが出来ます。それでも、桜を本当に味わうなら、やはり、京都へ行きたくなります。一つ一つの歌枕の魅力、おいしいお弁当が簡単に入手できることなど、様々な理由がありますが、一番の理由は、桜そのものの美しさだと思うのです。

 三月下旬から四月下旬まで撮影を続けました。

桐谷 育雄

「冷泉家の桜」へ進む→

戻る?