十二月の菜の花

 

 首都圏で房総半島の菜の花が紹介されるように、中部圏では渥美半島の菜の花が春の到来を告げます。
 この半島の伊良湖岬は、藤村の「椰子の実」の舞台として有名で、今のお城の近くの高校に転勤する前に、島の分校の先生をしていて、毎日眺めて暮らした岬です。
 今年は、十二月には、もう咲いていて、びっくり。



次の十二月の霞へ進む
写真集『春の兆し』へ戻る
QV写真館へ戻る
このサイト全体のホームページへ戻る