第一幕 川俣渓谷東沢大橋
 生まれて初めて清里に行ったのは、七十年頃。まだ、女の子雑誌で紹介される前で、サナトリウムの面影がありました。

 清泉寮や牧場を歩くだけでしたが、そのうち、「赤い橋」を教えられて、絵になる景色にびっくり。

 いつも歩く場所になりました。

 忘れられないのは、島の分校の修学旅行です。生徒たちと信州旅行を企画して、ヴィーナスライン、清里のペンション泊、軽井沢でサイクリング、プチホテル泊、万座温泉に泊まって、志賀高原を抜けて、りんご狩りというプランになりました。蓼科側からバスで走ってきて、ここで休憩したときの、生徒たちの歓声!
 梅雨時の、つつじの風情もなかなかよいし、もちろん、十月の紅葉は最高! 今年は、暖かかったせいで、十月の連休は、まだ紅葉に早くて、十一月になったら、もう終わってしました。それでも、葉が落ちて、枝の線を対岸から眺めることが大好きです。

 八ヶ岳縦走後、観音平に下山して、よくヒッチハイクで、ソフトクリーム目当てに、この橋を通過します。

第二幕 紅葉の錦(川俣川西沢)を見る
戻る?

モザイクを見る(最後に見ると速い)