第一幕 赤い橋のライトアップ
 香嵐渓の一番の象徴は、「赤い橋」です。土産店街を抜けて、料理旅館が途切れると、まず、この橋を渡ります。

 夜間のライトアップは、橋そのものに対する光線は少ないのですが、紅葉を透かして橋の朱色に映える具合は、なかなかの風情です。

 右の画像は、トップページの夕方の画像と同じ場所から、同じアングルで撮影したものです。

 出来るだけ光を写し取るようにしたのですが、人間の目にも暗い光は、なかなか撮れませんでした。

 毎年、ここから、光に映える山を見るとき、歓声があがります。

第二幕 見上げると木々を見る
戻る?