桜の落ち葉

 僕の勤務する高校には、全日LT(去年までは一泊したそうです)というのがあって、クラスで一日バスに乗って近郊に出かけて、討論をしてレクリエーションをします。充実した話し合いが終わって、みんなで、湖畔の公園でゲームをしました。
 湖畔には桜並木が続いていましたが、今年(1998年10月28日)は、もう葉が落ちてしまって、ほとんど残っていませんでした。この一枚は、その残り少ない桜の葉です。
 ゲームが終わって帰る時、もう一度見てみたら、もうこの葉は、風が強かったこともあって、落ちてしまっていました。この葉が生きた証は、この画像だけかもしれないと思うと、不思議な思いでしたが、大丈夫、きっと近所の子どもたちは、夏の暑い日に、ぎらぎら太陽をさえぎってくれた木陰を忘れないでしょう。
 
第1回「小さい秋みつけた」に戻る
第3回「水車小屋」に進む
作者桐谷育雄のホームページを見てみる。