小さい秋みつけた

 名古屋市名東区の東山動植物園の東の丘陵地帯で1998年10/16の夕方にQV700で撮影しました。
 投稿するために、「小さい秋みつけた」というテーマの画像を求めて、すすきを写すのに夢中になっていました。
 小学校低学年の女の子が、何をしてるのと聞いてきたので、「小さな秋を捜しているのさ」と答えたら、「小さい秋、見つけた」と歌いながら、連れていってくれたのが、この紅葉。
 栗畑の中の柿の木のすぐ近くの、その小さなかえでの木は、もう紅葉に染まって、ひっそりと、目にもさやかな秋の訪れとともに、隠れていました。
 「おばあちゃんが、歌と一緒に教えてくれた、ナイショの場所なんだよ。」

第2回「桜の落ち葉」に進む。
作者桐谷育雄のホームページに戻る。