水車小屋

 僕が紅葉の定点観測を続けているのは、名古屋の東山植物園の、也有園の奥の合掌作りの家の周りの紅葉です。一万二千円の年間パス(月に二回出かければ元を取ります。)を持っていて、我が家からは車で五分、自転車で急坂を登って降りて七分の距離にあるので、天気が良くて気が向いたら、いつも出かけては撮影しています。動物園と共通入場できるので、コアラやペンギンやキリンや象とも仲良しになりました(いつの日か動物たちをもっと自由にしてあげたい。)。
 例年なら、本当に鮮やかな紅葉に染まるのですが、やはり今年は早く葉が出たためか、葉そのものが、先にくたびれてしまいました。
 この画像は、木漏れ日に映える紅葉を狙ってみたのですが、もう少しバックの水車小屋を生かして撮影するべきだったかもしれません。
 紅葉だけで数百枚写しているので、紅葉の季節が終わる前に、このページに、たくさん掲載したいものです。

第1回「小さい秋みつけた」に戻る
第2回「桜の落ち葉」に戻る
作者桐谷育雄のホームページに戻る。