ここは全羅北道茂朱郡雪川面深谷里山という所にある、茂朱(ムジュ)リゾートというスキー場で、 徳裕山国定公園に近い山の中にあります。
ここは1990年にオープンしたスキー場で、 1997年1月に冬季ユニバーシアードアジア大会が韓国の全州で開かれる時のスキー競技の会場になるそうです。
ここのスタッフの完成予想図を使って説明では、 大会開催に向けて競技用ジャンプ台や駐車場も作られ、 大会までにはすべての施設を完成させるという話なので、 今はもう完全に出来上がっている頃だと思います。


スタッフの説明によると、冬季オリンピックも開催可能な国際級のスキー場で、 23面のスロープや8基の高速リフト、地上2階地下1階のスキーハウスがあるそうです。
私達がここへ来たのは3月の終りですが、この付近には全く雪が無いので、 ゲレンデの雪は人工降雪機だと思います。
たぶん冬季 ユニバーシアード大会が始まる1月頃には、 この辺りにも雪が積もっていると思いますが、 日本からも100人近い選手団が参加するのでつい心配してしまいます。


スキー場の入口のすぐ前に宿泊施設があります。
リゾートというだけあって中々洒落たホテルですね。
中は見ていませんが、露天風呂もあるそうですよ。
冬季ユニバーシアード大会の時には、このホテルが選手村として使われるそうです。
ここはソウルからはかなり遠いですが、直行の高速バスで4時間30分で来れますので、 スキーの好きな方は遊びに来てみてはいかがでしょうか。
とても広くて滑りがいがあるし、 宿泊施設も充実してますが、なにより日本のスキー場と違って空いているので、充分楽しめると思いますよ。


スキー場入口近くの道路沿いにレストランが何軒かあり、そのうちの一軒に入ってみました。
ここは山の中なので韓国の山菜を使った料理がいろいろ出てきました。
ちょっと変った料理が出たで李さんに聞いてみると、 山芋やゴボウみたいに土の中から採れるトドック (日本名:ツルニンジン)使った料理だそうですが、あまり美味しくありませんでした。
お店の人にここのおすすめは何ですかと聞いてみたら、 椎茸クッパが美味しいと言うので注文してみました。


クッパはスープにご飯を入れて混ぜて食べますが、 私は入れないでそのまま食べてみました。
味はそれなりに美味しかったです。

この後2時間くらいかかって大田まで帰りました。
大田には一泊だけでソウルに戻る予定なので、 特急セマウル号に乗ろうと思い大田駅へ行きました。
ガイドの李さんに切符を買いに行ってもらいましたが、今日は日曜日なのでとても混んでいて、 2時間半待たないと乗れないというのです。
高速バスなら待たないで乗れるかもしれないので、 李さんの車で高速バスターミナルへ行きました。
ガイドの李さんに調べてもらうと、 30分待ちで乗れるというので高速バスで帰る事にしました。
(大田からソウル行きは30分間隔)料金は約800円くらいでした。
高速バスは座席が大きくゆったりしていて中々快適な乗り心地です。
大田とソウルを結ぶ中部高速国道は片側5、6車線もある高速道路で右の一車線は、 一般車両進入禁止の高速バス専用車線になっています。
(韓国の道路は右側通行)
日曜日なのでソウルへ向かう高速は大渋滞ですが、 高速バスは混んでいる一般車両を尻目に、専用車線を快調に進み2時間でソウルへ着きました。
特急セマウル号でも大田〜ソウルは2時間なので、 高速バスでも同じ時間で安く移動出来て便利です。

左下のスタートボタンを押すとプラグインのフラッシュプレイヤーで「茂朱リゾート」のムービーをご覧になれます。

右のRealPeayerのロゴをクリックするとプラグインのリアルプレイヤー、Media Playerのロゴをクリックするとウインドウズ標準ののメディアプレイヤーが起動して「茂朱リゾート」のムービーをご覧になれます。





作成日時 1996年11月15日 Fridey