瑞雲山本光寺は、深溝松平氏の出身地である三河国額田郡深溝村(現在の
愛知県幸田町付近)にあったと伝えられています。           
 その前身は、駿河・遠江・三河の国守であった今川義元公の菩提寺で室町
時代に建立されましたが、今川氏滅亡後の享禄元年(一五二八年)曹洞宗の
開祖道元禅師より数えて十五世の希声英音禅師(一四六九年〜一五三五年)
を御開山として、また深溝城主松平忠定公を御開基として字市場(その後、
字天王山に移動)に創建されました。                 
 創建後の本光寺は深溝松平氏と一心同体の関係を保ち、松平家の菩提寺と
して藩主の移封に伴う領地替えの際には、必ず新任地に同道していました。
本光寺のこうした動きは、少し視点を変えて見ると大名家と菩提寺の固い絆
を表すものと云え、移転の裏面には色々な歴史が秘められているのです。 
 本光寺の場所的変遷を時代別に辿ってみますと、四代松平家忠公が忍城主
(埼玉県)となり易地された後、慶長十七年(一六一二年)五代松平忠利公
が吉田城(豊橋市)に移封され同地二連木(三ノ輪)に移転して深溝に残置
した寺を末寺としました。この時代より深溝本光寺は源光寺(後に本光寺と
改称)と称して封地における末寺となり、以後、寛永九年(一六三二年)に
刈谷、慶安二年(一六四九年)に福知山、寛文九年(一六六九年)に島原、
元禄二年(一六八九年)に宇都宮・安永三年(一七七四年)に島原と幾度か
転地を繰り返したのです。                      
 最後の島原転地後、明治四年、深溝松平家が神式に改典した結果、広大な
伽藍は一時的に学校(本光寺学校)に転用されましたが、明治五年、本光寺
三十一世維尹石厳大和尚の努力によって復旧を図り島原城の北端に位置する
末寺浄林寺を合併して現在に至っています。              
 瑞雲山本光寺は三河地方を中心にに三十七ヶ寺の末寺を持ち、本寺である
三河泉龍院(末寺二百ヶ寺)・三河龍渓院(末寺五百ヶ寺)・駿河大洞院(
末寺二三六九ヶ寺)・総持寺に、輪番として数年毎に赴任しておりました。
戦国末期に皇室より中本山の寺格を拝受し、また御朱印地としての徳川一門
の寺院として、島原藩内僧禄司役寺の格式を持つ本光寺の住持が輪番に赴く
際には、僧侶・藩士多数が同行し行列は華々しかったと伝えられています。
その際、住持は島原藩から路費・住費として二百両を支給され、不足の折は
百両を追給されたとも云われています。                
 又、本光寺には、御開山以来、歴代住持の語録・著作・逸話が数多く残さ
れていますが、その中でも特に有名なのが次の本光国師の話です。    
『本光国師日記』(慶長十八年三月の頁)               
 文中に「家康に本光寺御目見仕候」と云う記述があり、城主松平忠利公と
徳川家康公のいざこざを板倉勝重と吉田本光寺八世仙麟長膳大和尚が一緒に
調停した話が紹介されています。調停した当事者の一人であった京都所司代
板倉勝重は、若年の頃、本光寺四世角翁香麟大和尚の孫弟子となり、しかも
宗哲と名乗り永安寺(現在の長円寺:本光寺末)の住持であった関係から、
法類(弟弟子)からの強い要請と自らの本家筋である島原藩大老板倉家安泰
の為に奔走し、松平家を紛争から救ったと伝えられています。      

 本光寺に関連する書籍類としては、以下のものが知られています。   
  『刈谷本光寺九世暉堂宋恵大和尚手写本』             
  『因果物語』(片仮名本)                    
   江戸時代初期の仮名草子として知られている『因果物語』の中には、
   刈谷本光寺十世愚渓膳哲大和尚のことが紹介されています。    
  『正法眼蔵随聞記』(長円寺本)                 
   長円寺本は、学界唯一の貴重本(岩波古典文学大系の底本)として、
   広く学究に愛され利用されています。              
  『家忠日記・忠利日記・藩日記』                 
   島原藩の草創期における松平家・大老・本光寺の関係を記録している
   日記類であり、三日と日を開けず頻繁に三者会談を行い藩政の課題を
   解決しようとしていた先人達の努力の跡を伺うことが出来ます。  
                                  
              瑞雲山本光寺三十五世 片 山 秀 賢  

希声派・本末関係

公式ページ
の目次へ