(島原市内の史跡&観光名所)
名  称簡  単  な  説  明
島 原 城
(森岳城)
築城の名手であった板倉重政が、卓越した技術力を駆使して築いた
連郭式平城で独立式の天守閣を有する安土桃山様式の代表的美城。
現在、天守閣は切支丹史料館、巽櫓は西望記念館となっています。
武家屋敷 下級藩士(扶持七十石以下)の質素にして堅実な暮らしぶりが往時
を偲ばせます。通りの中央には、飲料水として使われた湧水の水路
があり、今も綺麗で冷たい清水が流れています。        
白 土 湖 寛政四年(1792年)島原大変の際、眉山の大崩壊によって一夜に
して出来上がった湖です。日本一小さい陥没湖としても有名です。
涅 槃 像
(江東寺)
日本一の大きさを誇る露天の涅槃像で、入寂するまで説法を説いた
釈尊の最後の姿が表現されています。(全長8.6m・高さ2.1m) 
眉山治山
祈念公苑
長崎原爆公園の平和祈念像の制作者として知られる北村西望先生の
聖観世音菩薩立像があり、有明海を展望できる景勝地。桜の並木が
美しく春の季節が特にお薦めです。              
三十番神
(護国寺)
藩主松平忠俔公の命によって京都で木彫された三十番神(日蓮宗の
法華経守護神)が安置されています。三十番神は三十人の京仏師に
よって刻まれた着色木像です。                
旧島原藩
薬草園跡
藩主松平忠誠公がシーボルト門下の賀来佐一郎を招聘し、島原藩の
薬草栽培を奨励する為に造られました。日本三大薬園の一つであり
今でも薬草(特に中国産薬草は充実)が栽培されています。   
九十九島 島原大変の遺構。眉山の大崩壊によって崩落した大量の岩石が海に
降り注ぎ自然が瞬時に造り出した驚異の造形美です。島原外港周辺
には無数の小島が点在しています。              
榊原民俗資料館 武家屋敷のそばにある郷土資料や民具を集めた民間コレクション。
浜の川湧水 島原には市内各所に湧水がありますが、その中でも特に有名であり
今も市民に愛され続け生活用水として利用されている湧き水です。
水無川展望所
(臨時開設)
雲仙普賢岳の全景や火砕流跡・土石流跡を展望することが出来ると
同時に、砂防関連工事の進捗状況を直接見ることも出来ます。  
切支丹墓石 キリシタン一揆の舞台となった島原半島には、隠れキリシタン縁の
史跡が幾つも残っていますが、島原ではマダレイナの墓と呼ばれる
切支丹墓石が有名です。マダレイナとは女性の洗礼名のことです。
鯉の泳ぐ町 古びた町屋が建ち並ぶ新町通りの清水には、約千五百匹余りの錦鯉
が放流されており、水の都島原のシンボルとなっています。   

(島原のまつり)
時 期名 称 と 概 説
3月初旬 島原初市(初春を彩る藩政時代からの伝統行事)   
5月中旬 島原水まつり                   
8月中旬 島原精霊流し(盂蘭盆の初盆供養:精霊船が練り歩く)
8月下旬 島原温泉がんばる花火まつり            
10月中旬 しまばら温泉不知火まつり(切支丹行列や島原城薪能)
10月下旬 ホロンコ市(仔馬のセリ市として夙に有名)     
11月上旬 島原産業まつり                  
年末年始 島原ファンタジア(御城の天守閣がX'mas ツリーに)

(島原市内の宿泊施設)
施 設 名電   話
九十九ホテル    0957-62-3111
島原観光ホテル小湧園0957-62-5211
南 風 楼     0957-62-5111
島原簡保保養センター0957-62-4185
ホテル住吉館    0957-63-0032
あじさいイン島原  0957-64-1101
島原第一ホテル   0957-63-0011
ニュークイーンホテル0957-64-5511
ホテル白山     0957-63-5400
島原民宿組合    0957-63-2168

(島原の名物料理&郷土料理)
店 名簡  単  な  説  明
姫 松 屋 島原名物の具雑煮が人気です。熱いけど夏でもグッド!
マーメイド 旬の素材を使った料理がお薦め。和洋食(小湧園)  
幸   楽 フグ料理が自慢の老舗。ガンバの湯引きは食す価値大。
和 食 苑 真鯛のかぶと蒸しが御薦めです。要予約(南風楼)  
力 寿 司 手頃な御値段で有明海の海の幸が堪能出来ます。   

(郷土の特産品&御土産品)
名 称簡  単  な  説  明
揉みワカメ 南国の太陽と有明海が育てた天然の恵みです。ヨード分が豊富で
健康的な自然食品です。                  
芋 焼 酎 全国的に馴染み深い寶酒造の定番商品。サツマイモの名産地島原
では、焼酎と云えばヤッパリ芋焼酎です。          
ワカメ焼酎 地場の酒蔵・山崎酒造のオリジナル商品。「七万石」の商品名で
販売されています。ワカメから焼酎が蒸留出来るなんて不思議!
六 平 衛 サツマイモの澱粉から作ったうどん状の郷土料理。島原大変後の
飢饉の折りに、六平衛さんが考案したものと伝えられています。
具 雑 煮 丸餅・野菜・蒲鉾などたくさんの具が入った雑煮で、島原を代表
する郷土料理。山海の産物を一品に纏めた雑煮のチャンピョン!
かぶと蒸し 鯛の頭を丸ごと甘酸っぱく煮込んだ酒蒸し。絶品。賞味した人の
中には残った骨を持ち帰る人が居る程です。南風楼が有名。  
ガ ン バ
(フグ)
島原では湯引きで食べるのが普通で、ガン(棺桶)を用意しても
食べたい旨い物の代名詞です。ガネ炊きも御賞味下さい。旨い!
多比良ガネ
(渡り蟹)
有明海で捕れる渡り蟹は、他の蟹とひと味もふた味も違います。
一番の旬は、真夏の七月から九月にかけての暑い季節です。  
寒ざらし 白玉に甘い蜜の味が妙に懐かしい爽やかな甘味食です。口の中で
とろけそうな甘さが女性に人気です。特に「銀水」が有名。  
チェリー豆
&うに豆
藤田屋総本店の定番商品。色々な味が用意されていて食べ出すと
病みつきになります。うに豆はビールのおつまみに最適です! 
ザボン漬け ザボンのほのかな香りと品の良い甘さが絶妙です。特に御薦めは
ザボン一個を丸ごと砂糖漬けした商品です。御土産にどうぞ。 

このページは、島原観光ガイド:島原浪漫路をはじめとする
島原市役所・島原観光協会の発行する観光案内を参考にして
作成しました。掲載した写真等の出典も上記に同じです。 

公式ページ
の目次へ