(御意見等の掲載について)
常盤歴史資料館では、当資料館に御寄せ頂いた御意見や御感想をこの紙面に
掲載させて頂き、皆様の声を今後の資料館運営に反映させたいと考えており
ますので、奮って御投稿下さい。尚、スペースの関係から御寄せ頂いた全て
の御寄稿を掲載することは物理的に不可能ですし、又、御紹介させて頂いた
御意見等についても全文を掲載することは叶いませんので、御執筆の要旨に
反しない限度において一部割愛致しましたことを予め御断り申し上げます。
                    常盤歴史資料館館長 九 拝


(黒田俊光さん)
 まさに私の求めていたホームページです。インタネットで美術館・博物館を検索す るのは、具体的に収蔵資料を見たいからです。しかし、ほとんどのページは、開館時 間・場所・連絡先・駐車場の収容台数・二三行の概要のみ。これは「見たければ来い 。」と言わんばかり。インタネットの良さは、離れた所からも欲しい情報(この場合 は収蔵資料)を得られる点。最低限、自分の求める資料があるのかどうか見極められ る程度の情報提供はするべきです。これは、研究にせよ、趣味にせよ、言えることで す。その点、常磐歴史資料館のページは理想的です。他の美術館・博物館は是非これ を手本にしてもらいたいと思います。

(鈴木卓治さん)
 かなり展示の範疇に踏み込んだ積極的な内容だなと感じました.今後も機動力を生かしてコンテンツを組み立てていかれたらよいのではないでしょうか.
さっそくこちらの http://trisun.rekihaku.ac.jp/musinfo-j.html にリン クを設定させていただこうと思います.

(大沢さん)
 「近代史」をテーマにインターネットをぶらぶらしていたらこちらのホームページに遭遇しました。アクセス数は末広がりの888番目。今日一日何か良いことがありそうな予感がして、メールを出しました。
インターネットが爆発的に拡大しつつある今日、先進的にインターネット導入を行い、誰でもが歴史的資料を閲覧できるシステムにしていただけることに感謝します。
28.8Kの接続では画像がちょと重たいです。

(NTTラーニングシステムズ株式会社さん)
 貴殿で公開されておりますホームページを大変興味深く拝見させていただきました。
現在NTTでは、WNN-C(ハローねっとジャパン)と称して全国47都道府県の皆様と一緒に、地元の人々が大切にしている地域情報をご紹介しております。地元の歴史や文化・伝統から、トレンド、クチコミ情報にいたるまで、その内容は実にバラエティ豊かなプログラムを展開しております。
このWNN-Cのコンセプトにふさわしいコンテンツとして、ぜひWNN-Cディレクトリ(ホームページ)から、リンクを張らせて頂きたくお願い申し上げます。

(NTTマルチメディアビジネス開発部さん)
 私共NTTでは、「こねっと・プラン」と題して、全国1000の小・中・高校等に
おけるインターネット環境構築を支援するプロジェクトを進めております。このたび、「こねっと・プラン」参加校をはじめとする皆様のご参考に、「こねっと・ワールド」と題するWWWサーバーを立ち上げることとなりました。このサーバーを通じ、学校でインターネットを使用する際に役立つと思われる各種情報を提供していく予定です。
この「こねっと・ワールド」から、貴資料館のホームページへのリンクを張らせてい
ただきたく、ここにお願い申し上げる次第です。

(杉山 学さん)
以前よりインターネット上の博物館には大変興味をもっておりましたので、貴館の
ホームページを楽しく拝見させていただいております。
現在、若手の学芸員及び在野学芸員にての研究会でも貴館の試みを取り上げさせていただいております。
 今後も特別展等、様々な手法で楽しませてくださいます様、お願い致します。

(西村奈美さん)
こちらは奈良県大和郡山市にある財団法人、柳沢文庫です。正式名称、財団法人郡山城史跡・柳沢文庫保存会、その名の示す通り、郡山城跡と柳沢文庫を保存することを目的とした財団法人です。
ホームページでお城、歴史関係の美術館・博物館・郷土資料館等のリンク集をつくっています。(現在進行形)

公式ページ
の目次へ