第272回   THE KAVANAGHS / THE KAVANAGHS

1.The wrong side of the way / 2.Friday on my mind / 3.English town, English people / 4.Surreal / 5.All the time / 6.Hyde PArk / 7.You know / 8.The simple things / 9.It seems that I'm not getting things quite right / 10.Cat in town / 11.Goodbye Chris

さて、前回のスペインに続いて、今回はアルゼンチンのバンドです。このコーナーもインターナショナルな選出をしていますが、ホント、パワー・ポップには国境はないですねぇ。(笑)

このバンドについて詳しいことは知らないのですが、彼らのサイトを見ると、ビートルズやバッドフィンガーやラズベリーズなど、ポップな先輩たちの影響を受けていることが書いてあります。僕の耳には、(ビートルズは当然としても)バッドフィンガーやラズベリーズやスクイーズへのオマージュを強く感じますね。

M1は、印象的なドラムのフレーズに導かれ、シンプルなベースにのっかったバッドフィンガー風の伸びやかなメロディーが唄われていきます。サビでポップなコーラスが聴けるのですが、バックのギターリフがラズベリーズのGo All The Wayなものですから、思わずにっこりしてしまいました。(笑)M2はスクイーズ風のポップなアレンジが面白い曲ですね。メロディーもコーラスも爽やかでいい感じです。彼らのポップ・センスがよくわかる曲だと思います。

M3は、ピアノを主体にしたポール風のリリカルな曲です。マイナー調のメロディーに、サビでは管も加わってなかなか聴かせてくれています。途中でアコーディオンも入ってきて一瞬タンゴ風になるのは、お国柄でしょうか...と思っていると、ラストもタンゴ調でした。(笑)M4は、ポール風のアコースティック・チューンです。ポールほどの流暢なメロディーではないのですが、美しくもせつないメロディーがどことなくピート・ハムを彷彿させてくれていていいんですよね。(^^)佳曲だと思います。

M5は、スクイーズのようなサウンドのポップ・チューンです。サビでは一気に弾けてバッドフィンガーみたいなサウンドになりますが、どっちにしてもポップ度の高い曲ですね。いい曲ですよ。M6では少し雰囲気を変えてアコースティックなスライド・ギターもフィーチャーされています。渋いサウンドにポール(+バッドフィンガー)調のメロディーが重なっているところが洒落ているし、センスも感じますね。

M7はアコギの刻みが印象的なアコースティック・バラードです。マイナー調のヘタウマ・ヴォーカルに味がありますね。途中から加わってきて曲を盛り上げていく弦のアレンジが素晴らしいですね。

さて、M8です。完璧なラズベリーズ・サウンドですね。はじめはデイヴ風の軽いサウンドから入り、ギターのリフもラズベリーズ風だし、サビは(歌詞までもが)I wanna be with you なんですよ。ここまでストレートにラズベリーズ風にやってくれるなんて、嬉しいじゃないですか。こおまでストレートに「俺たちはラズベリーズが大好きさ!」って演ってくれたのは、Roswells以来のような気がします。もちろん、僕の一番のお気に入り曲ですよ。

M9は、またまやスクイーズ風のアレンジの曲です。最も、同じ感じのサウンドにはならないように、ソフト・ロックの方法論を取り込んでいますね。M10は、マイナー調のロック・チューンです。ギターリフに甲斐バンドを思い出したのは(きっと)僕だけでしょうが、メロディーがジョンみたいだって思うのは、僕だけではないでしょう。(気がつけば、歌詞にもBeatlesと出てきますね。)間奏やラストはちょっぴりジャジーな感じでカッコいいですよ。

ラストナンバーのM11は、ロッカ・バラードですね。さりげなく入ってくるワウワウを使ったギターのコードが印象的です。3分もつれの曲が多いアルバムの中で、この曲だけ5分半あると思いきや、最後の1分は波の音のSEでした。(笑)

ということで、「垢抜けていない」という印象が若干残るのは否めないものの、自分たちの好きなアーティストへのオマージュに溢れた好アルバムだと思います。Not Lameなどでも入手できますので、もし気になってくれた人がいたら、聴いてみてくださいね。特に、ラズベリーズのファンの人は人にはM1とM8はマストですよ。(^^)

では、また次回に!

< THE KAVANAGHS / THE KAVANAGHS / ?? / Eternal Sunday / ES22015 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。