第268回   All Quiet on the Noise Floor / Jason Falkner

1. Princessa / 2. Emotion Machine / 3. Counting Sheep / 4. Evangeline / 5. The Lie In Me / 6. Maybe the Universe / 7. Jet Silver and the Dolls of Venus / 8. My Home is Not a House / 9. Doin' Me In / 10. Y.E.S. // 11. This Time '09

さて、今月リリースされたジェイソン・フォークナーのニュー・アルバムです。ジェイソンの新作というだけでも興味深いのですが、今回の目玉は日本盤の特典でしょうね。なんと、日本盤の初回には、ジェイソンのライヴDVDがもらえる申し込みハガキがついているのです。日本盤のボーナス・トラックはともかくとして、これは日本盤を買うしかないと思っちゃいましたよ。(笑)

では、聴いていきましょうか。ファン待望の音源化というM1は、極めつけのパワー・ポップ・チューンです。まるでユートピアのようなファンタスティックなサウンドに、ポップなメロディーが絡み、パワフルに弾ける展開は、文句のつけようもありませんね。M2は、渋いサウンドのロック・チューンです。マイナー調のメロディーの後で絡んでくるクールなギターが印象的ですし、これまたカッコいい曲ですね。

M3は、ネオアコ風のイントロから、哀愁味溢れるメロディーが歌われていきます。アレンジが渋いぶんだけ、曲の持つ哀愁が深まっているように感じますね。キャッチーだとは思いませんが、頭ふたつほど抜けている楽曲の良さが光る曲だと思います。個人的には、文句なしにイチオシの曲ですし、アルバム中でもベスト・トラックではないかと思いますよ。(^^) M4は、活きのいいロック・チューンですね。ロックン・ロールというよりはニュー・ウェーヴ(死語かも?)の風味がありますね。リフレインのメロディーが耳に残ります。

曲想が変わり、M5は必殺のバラード・ナンバーです。ビートリッシュなコードとアレンジから、ジェイソンのクリアーなハイ・トーンで美しいAメロが歌われていきます。Bメロでは音程を下げ目にして、じっくりと聴かせてくれますし、サビではブリティッシュ・ポップの王道をいくサウンド・アレンジも見せてくれています。この曲も頭ふたつ抜けていると思いますし、ちょっぴりジョンの香りがするのも嬉しいところです。(^^)

M6は、再びタイトなロック・チューンです。イントロの針飛びのような繰り返しにあれっ?と思うまもなく、ソリッドなギターとベースが飛び出してきます。この曲もユートピアっぽいですし、(トレバーの)イエスのようなプログレっぽい雰囲気もある曲だと思います。聴きごたえのある曲です。

M7は、ビバップ・デラックスのカバーです。でも、M6の曲想の後では、何の違和感もなくアルバムに溶け込んでいますね。いいカバー・ヴァージョンだと思います。M8では、まずオリエント風のイントロのリフが耳に残りますが、これはサビのメロディーでもありました。(^^)これまたユートピア風のロック・チューンですね。

M9は、再びニュー・ウェーヴっぽい雰囲気もあるロック・チューンです。パンクっぽい香りもしますね。カッコいいサウンドなのですが、メロディーはあまりないので、個人的にはイマイチの曲ですけどね。アルバムのラストのM10は、いかにものバラード風のサウンドの曲です。でも、サビで歌われるコーラス以外には歌詞がないので、インストに近い雰囲気がありますね。盛大に盛り上がって、フェード・アウトで曲(オリジナルのアルバム)は終わっていきます。

で、M11は日本盤のボーナス・トラックなんですけど、前作(オリジナル・アルバムで)の冒頭を飾った曲のニュー・レコーディング・ヴァージョンです。さすがにカッコいい曲ですけど、アルバムのラストの余韻という意味では、M10で終わったほうが良かったでしょうね。まあ、これはアンコール・ナンバーだと思うことにしましょうか。

ということで、前半の楽曲のクオリティが素晴らしすぎるせいか、後半は(聴く方が)息切れしてしまいそうですね(笑)。もちろん、後半の楽曲も水準以上のクオリティを持っているとは思いますが、M3,M5,M6の持つクオリティが凄すぎるのでしょう。特に哀愁のM3と美しいM5は、素晴らしいと思います。ポップ・フリークのみなさんなら、ぜひ聴いてみてくださいね。...そうそう、日本盤初回に間に合えば、DVD狙いでそっちにしたほうがいいかもね(爆)。

では、また次回に!

< All Quiet on the Noise Floor / Jason Falkner / JPN / Noize McCartney / BNCP-167 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。