第228回   Live On Sunset Strip / Raspberries

Disk 1 : I Wanna Be With You / I Can't Explain / Play On / Tonight / Should I Wait / Nobody Knows / Makin' It Easy / Come Around And See Me / If You Change Your Mind / Let's Pretend / Last Dance / Needles And Pins / I Can Remember / Party's Over / Don't Want To Say Goodbye

Disk 2 : Overnight Sensation (Hit Record) / Hard To Get Over A Heartbreak / I Don't Know What I Want / Ecstasy / I'm A Rocker / Go All The Way

Disk 3 : DVD (曲目はCD2枚分と同じ)

さて、今回紹介するのは、最近リリースされたラズベリーズのライヴアルバムです。うちには先月中旬に届いていたのですが、ようやくのアップとなりました。

ラズベリーズのライヴ盤ですが、正規盤としては今回が初めてとなります。2005年10月21日、再結成ツアーからの収録ですね。バンドのオリジナル・メンバー4人に、サポート・ギタリストとキーボード・プレーヤーと女性コーラスを加えてのギグです。

演奏内容は、文句なしです。まあ、サポート・メンバーの働きも(特にコーラスワークに)あるのですが、なによりもバンドの4人の演奏が素晴らしいです。エリックのボーカルも、ウォーリーのギターも、昔のラズベリーズのイメージそのままです。ラズベリーズの名曲の多くが収録されていますし、ライヴ盤ならではのカバー・ナンバーもゴキゲンです。アイ・キャント・イクスプレイン、カッコ良いですよ。(^^)

面白かったのがプレイ・オンです。今回の再結成にはスコット・マッコールはいませんから、代わりにエリックが唄っています。98年の再結成ライヴの時にはエリックがいなくて、エリックのパートはスコットが唄っていたのを思い出してしまいました。個人的には、この曲だけのゲストでいいからスコットの姿を見たかったんですけどね。まあ、そう思うのは少数派かもしれませんけど。(笑)

ライヴ自体も素晴らしいのですが、DVDに収録されている特典が、また嬉しいのです。再結成ツアーの企画段階から初日までのドキュメントなんて、本当にナミダものですよ。リハーサルやらサウンドチェックやらバックステージやらの映像に続いて、ツアー初日のオープニングまで見られるのですから。面白かったのが、ツアー初日に会場に来ている有名人たちの顔が見れたことですね。アル・チャンなんて、もう完全に一ファンとして、インタビューに答えていましたよ。(^^)その他にも、インタビューだとか、昔の音源とフィルムを編集した映像だとか、サービス精神満載ですね。(笑)

そうそう、僕が買ったのは、昨年末からオーダーしていた300セット限定のLimited Editionですので、DVDもCDと同じ21曲入りで、4人のサイン入りです。送料込みで140ドルもしましたので、高いと言えば高いのですが、特典を含めた内容的には、十分に元は取れたと思いますよ。(^^)

ちなみに、レギュラー版のDVDは5曲入りだそうです。21曲入りDVD付のspecial editionもあるそうですけど、同じ125ド+送料でサインなしですので、レギュラー版を買ってしまった人は悩むところでしょうね。(^^;

ということで、ラズベリーズのファンなら、マスト・アイテムです。僕だったら、どうせならDVDのほうで全曲楽しみたいと思いますが、お財布の中身と相談して、どうぞ。(笑)

では、また次回に。

< Live On Sunset Strip / Raspberries / US / ryco / RASP-101770 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。