第223回   Everything You Wanted To Know About The Rubinoos / The Rubinoos

Disc 1 : 1.Gorilla / 2.I Think We're Alone Now / 3.Leave My Heart Alone / 4.Hard to Get / 5.Peek-A-Boo / 6.Rock and Roll Is Dead / 7.Memories / 8.Nothing a Little Love Won't Cure / 9.Wouldn't It Be Nice / 10.Make It Easy / 11.I Never Thought It Would Happen / 12.Fallin' in Love / 13.I Wanna Be Your Boyfriend / 14.Promise Me / 15.Hold Me / 16.Ronnie / 17.Drivin' Music / 18.Operator / 19.Jennifer / 20.Arcade Queen / 21.Lightning Love Affair / 22.1, 2, 3 Forever / 23.As Long as I'm with You / 24.Rhythm of Love / 25.Rendezvous / 26.Rock and Roll Is Dead [Demo Version]

Disc 2 : 1.Hurts Too Much / 2.Hit the Nerve / 3.I Love the Way You Touch / 4.Never Too Late / 5.Troubled Heart / 6.Alright Without You / 7.If I Had You Back [Demo Version] / 8.Handle with Care / 9.Too Up to Feel Down / 10.Revenge of the Nerds / 11.Cruisin' Music / 12.Amnesia / 13.Early Winter / 14.You Don't Know Her / 15.Thorn in My Side / 16.There Goes My Inspiration / 17.If My Car Could Only Talk / 18.Heroes and Villains / 19.You Started It / 20.Too Sweet / 21.In the Worst Way / 22.Someday / 23.I Think We're Alone Now [Live] / 24.I Wanna Be Your Boyfriend [Live]

Disc 3 : 1.Intro/Rockin' in the Jungle / 2.Wouldn't It Be Nice / 3.Peek-A-Boo / 4.Hard to Get / 5.Hey Royse / 6.I Never Thought It Would Happen /
7.Fallin' in Love / 8.I Wanna Be Your Boyfriend / 9.I Think We're Alone Now / 10.Rock and Roll Is Dead / 11.Sugar Sugar / 12.Pushin' Too Hard

さて、今回紹介するのは、ルビナーズのベスト盤です。このアルバムも入手してからずいぶんと経つのですが、ようやくのアップとなりました。

僕が最初に聴いたのは、当然のごとく3枚目です。78年4月1日のハマースミス・オデオンでのライヴで、今までリリースされていなかった音源ということですので、ほとんどこれを目当てに買ったようなものですけどね。聴いてみた感想はというと....期待以上に素晴らしいライヴだ!ということになるでしょう。現在の彼らのライヴも素晴らしいけれど、若々しいサウンドはまた最高だと思いますよ。特にヒット曲M8から後の盛り上がりは最高ですね。この頃のライヴを体験したかったなぁ...と残念に思ってしまうほどです。

そうそう、個人的には、大好きな曲のM11のルビナーズ・ヴァージョンが聴けるのも嬉しいですよ。僕は、この頃に彼らがドイツのロックパラストに出演した時のライヴ映像を持っていまして、ラズベリーズの「TONIGHT」のカバーから始まる彼らの若々しいライヴに「しびれて」いました。ですから、こうして当時のライヴが正規のライヴ盤としてリリースされたのは、本当に大歓迎ですね。(^^)

1枚目と2枚目は、いわゆる普通のベスト盤です。ルビナーズの未CD化アルバムも少なくなった今では、選曲に工夫がないとちと辛いとも言えるのですが、そこはルビナーズです。きちんと「売り」の曲も入っています。僕は暫く前にmixiのこのアルバムのスレッドに書き込みをしたのですが、そこでの他の人の書き込みによると、1枚目のしょっぱなのGorillaは、初CD化ということになるそうです。(^^)

ちなみに、ルビナーズとトッド(・ラングレン)のコラボレーションになる「Party Of Two」も無事に(ボーナストラックを加えて)CD化されましたし、もうすぐ日本でも初期の作品の紙ジャケがリリースされます。ファーストやセカンドのジャケが蘇るということで、僕も早速予約しましたけどね。

ということで、3枚目のライヴ盤だけでも十二分にもとがとれると思います。(僕が買ったときには、そんなに高い値段ではなく、廉価版みたいな感覚でしたから。)ファンの人はもちろん、ルビナーズを知らない人にも買ってもらいたい1枚(1組)です。

では、また次回に。

< Everything You Wanted To Know About The Rubinoos / The Rubinoos / US / castle / CMETD-1431 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。