第169回 貧窮貴公子 / OST


1.IWANT TO HOLD YOUR HAND / 以下省略(笑)

 さて、今回はまた異色の1枚です。というか、正確には1曲のみの紹介なのですが、この曲にはCDSがないので、アルバムの写真ですのでお許しくださいませ。(^^; このCDは、台湾の人気ドラマ「貧窮貴公子」のサントラ盤です。とは言え、原作は森永あいさんの「山田太郎ものがたり」ですので、日本のマンガのドラマ化ということになるわけです。

 僕がこのCDを入手するに至った経緯は複雑なのですが、そもそものはじまりは昨年の香港旅行でした。香港に行ったのだからと思って、当地で売れているCDを何枚か買って帰りました。その中に「流星花園2」のサントラ盤があったのです。実のところ、エリック・カルメンの「ALL BY MYSELF」が収められていたからという単純な理由で買ったCDでしたが、その「流星花園」が日本のマンガ「花より男子」の台湾製ドラマであることを知り、出演している4人組のF4がアジアで大人気なのを知り、つい入手した「流星花園」のDVDに(中国語もわからないのに)ハマってしまいました。(ですから、最近、デジタルBSで始まった日本語字幕版の放送は大バンザイなのです。来月からスカパーでも始まりますけどね。)

そのF4の関係で検索していて見つけたのがこの「貧窮貴公子」のVCDでした。ドラマ自体は原作に忠実すぎるほど忠実なので、コミックスを片手に見ていると言葉がわからなくても十分に楽しめたのですが、それよりも気になったのは、主題歌のM1だったのです。曲は、今更説明の必要もないビートルズ・ナンバーなのです
が、その若さあふれるアレンジにハマってしまい、CDを入手したくて曲名とグループ名(dragon5)で検索をかけました。でも、ぜんぜんヒットしなかったのです。でも、ある時、「ドラマのサントラならあるんじゃないのか?」と思い、検索かけたら思い切りヒットしたのがこの1枚です。(^^)

そうして聴いたM1は、やっぱりポップで素晴らしい出来映えでした。アイドル・バンドが歌っているので、歌唱自体はオリジナルと比べてはいけません(まあ、あの二人に敵う人はいないでしょうしね。)が、弾けるリズムとアレンジは思わず身体が動いてしまいそうです。ホントにいい「拾いもの」だったと思います。

では、また次回に。

< 貧窮貴公子 OST / 台湾 / GMM / G3040-1 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。