第151回 HOLIDAY HARMONEY / AMERICA

 1.WINTER WONDERLAND / 2.LET IT SNOW / 3.WHITE CHRISTMAS / 4.A CHRISTMAS TO REMEMBER / 5.HAVE YOURSELF A MARRY LITTLE CHRISTMAS / 6.SLEIGH RIDE / 7.SILVER BELLS / 8.CHRISTMAS IN CALIFORNIA / 9.IT'S BEGINNING TO LOOK A LOT LIKE CHRISTMAS / 10.WINTER HOLIDAYS / 11.FROSTY THE SNOWMAN / 12.SILENT NIGHT / 13.THE FIRST NOEL

さて、12月になると(と言うか、11月にはもう)、街はクリスマスの様相に変わってきます。街角にもクリスマス・ソングが鳴り響き、遊園地やテーマ・パークもクリスマス一色になるのです。そんなわけで(何が?)、今回はクリスマス・アルバムの紹介です。

アメリカについてはこのコーナーでも紹介したことがありますけれど、現在はデューイ・バネルとジェリー・ベックリーのデュオになっています。経歴の長いバンドなのですが、今回は彼らにとって初めてのクリスマス・アルバムになるそうです。ここに収められた曲は13曲。スタンダード・ナンバーが10曲とオリジナルが3曲です。

アルバムに針を落とすと、アメリカならではの爽やかなハーモニーが、アメリカならではのアコギの響きに乗っかって聞こえてきます。(^^) 同じスタンダードなクリスマス・ソングでも、彼らのヴァージョンを聴いているとと、本当に爽やかで幸せな気分になれますね。

有名な10曲については聴いてからのお楽しみということで、ここではオリジナルの3曲について書いておきましょう。

まず、M4は、リリカルなピアノにのってデューイが歌い上げるバラード・ナンバーです。もちろん彼らのハーモニーは健在です。美しいメロディーとコーラスの、本当に泣けてくるような曲ですよ。(^^)

続いてM8です。ヴェンチュラ・ハイウェイ風のイントロに続いて、ジェリーの声が聞こえてきます。メロディーにも哀愁味があり、ミドル8のアレンジもメリハリが効いていて、いい雰囲気ですよ。

M10はこれまた懐かしい感じのギターで始まりますね。間奏(間唱かな?)のコーラス・アレンジが聴きどころになっています。

M8でも少し書いたのですが、このアルバムでは、いたるところに彼らのヒット曲をモチーフにしたアレンジやリフが出てくるのです。たとえば、M1のバッキングや間奏と終奏のハーモニーが「名前のない馬」だったりするので、彼らのファンだったら楽しみも2倍だと言えるでしょう。(^^)

でも、彼らのことを良く知らない人でも、ポップなクリスマス・ソングとして問題なく楽しめると思いますよ。もし、今年のクリスマスのBGMを何にしようか迷っている人がいるなら、このアルバムを買ってみてくださいね。

では、また次回に。

< HOLIDAY HARMONY / AMERICA / JPN / RHINO / WPCR-11372 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。