第113回 THE BEST OF THE JAGS / THE JAGS

1.EVENING STANDARDS / 2.PARTY GAMES / 3.TUNE INTO HEAVEN / 4.LAST PICTURE SHOW / 5.THE TOURIST / 6.DESERT ISLAND DISCS / 7.WOMAN'S WORLD / 8.BACK OF MY HAND / 9.SHE'S SO CONSIDERATE / 10.LITTLE BOY LOST / 11.SINGLE VERSION - BMW / 12.HERE COMES MY BABY / 13.I NEVER WAS A BEACHBOY / 14.ANOTHER TOWN, ANOTHER PLACE / 15.THE TRAIN AND THE PLANE / 16.SILVER BIRDS / 17.THE SOUND OF G-O-O-D-B-Y-E / 18.SMALL CHANGE / 19.MIND READER / 20.LITTLE LOYD WRIGHT / 21.FEARING A TORNADO

さて、100円シリーズの第3弾です。(^^; 今回紹介するジャッグスですが、80年代初頭のポップ・バンドだったようです。僕は当時は聴いたことがなかったのですが、このCDを聴いて、ちょっと不覚だったと思いました。彼らの音は、コロンビア時代のニック先生や(特に)エルヴィス・コステロを彷彿させるサウンドだったのです。

CDをかけると、弾けるポップン・ロール(これも死語かな?)が矢継ぎ早に耳に飛び込んできます。M1やM21はほとんどロック・パイルだし、M2やM12なんてモロにコステロ(でも、ホントに素敵な曲です。(^^))だし、たまりませんわ、これ。(^^;

ということで、今回は曲ごとの解説は書きません。アルバム全体を通して、「レコーズをバックにコステロが唄っている」って感じです。(^^)まあ、中にはM16のようにインスト・ナンバー(70年代のヴェンチャーズ風かな?)もあるんですけどね。

初期のニック先生やコステロが好きな人は、絶対に聴いてみてくださいね。代打逆転満塁サヨナラホームラン間違いなしですよ〜。

ゆっくりとライナーを眺めてみると、彼らは79年に結成して82年に解散するまでに、メジャー・レーベルからは2枚のアルバムを発表しているようです.....えっ、2枚?? ということは、このCDには彼らのメジャー時代の音のほとんど(もしかしたら全部かも)が収められているってことになるんじゃないでしょうか。ともかく、この1枚があれば、彼らのサウンドを楽しむには十分ってことになりそうですね。

それじゃ、また次回に。

< THE BEST OF THE JAGS / THE JAGS / UK / SPECTRUM / 554 860-2 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。