第92回 POP MUSIC / 杉真理

 1.WAVE / 2.Daddyはロックンロール中毒 / 3.So Fine, So Good / 4.君がいるから / 5.I need her love / 6.A side から B sideへ / 7.ミスター・ブギーの憂鬱 / 8.I've got a dream / 9.Cosmic Blues / 10.Smiling Face / 11.僕のデモテープ

さて、今回は、ピカデリーサーカスでもおなじみの杉真理さんのニュー・アルバムの紹介です。(実際は発売日の前日にフライング・ゲットしてはいたんですけど、取り上げるのは少し遅くなってしまいました。)タイトルが「POP MUSIC」ですし、ジャケに載っているポップ(サブ・タイトルかな?)も「THIS IS POPS!」と、なんか僕のこのHPのためにつけられたようなタイトルですよね。(.....って、偶然の一致をありがたがっているオメデタイ奴です。→自分(^^;)

内容は、当然、全部杉さんの新作(上田さんへの提供曲のセルフ・カバーもありますが)で、杉さん(ギター、ベース、その他いろいろ)と嶋田陽一さん(キーボード)と山下恭文さん(プログラミング)を中心としたプロジェクトですね。ゲストの加メンバーも、松尾さんを筆頭に、風祭クン、哲ちゃん、小泉さん、小室さん、山本圭右さんなど、ピカサ・ファミリーほぼ(伊豆田さんがいないのと、上田さんがライナーのみの参加)総出演って感じです。で、そのメンバーで曲のライナーを書いているという、豪華な内容なのです。

オープニングのM1では、イマ風のリズムに乗っかったアコギの刻みが心地よいポップ・チューンです。こういう曲をあっさりこなしてしまうのが、杉さんらしいですよね。M2は、上田雅利さんのソロ・アルバムにも収められていた(しかも同じ2曲目に)曲です。基本的には同じようなアレンジ(上田ヴァージョンのバック・コーラスは杉&松尾コンビでした)ということで、同じような感じになりそうなんだけど、杉ヴァージョンは上田ヴァージョンよりもずいぶんポップ寄りに聞こえるのが不思議です。

微妙なニュアンスが楽しめるポップ・チューンのM3、しっとり系バラードのM4で軽く流した後、M5ではボサノバ風味でちょっと変化球をキメてくれます。M6はインタリュードですか。レコードのスクラッチ・ノイズに交えて、ポール風の「つなぎ」曲ですね。伊豆田さんが唄えばポールそのものになるところですが、杉さんも気持ちは完全にポールしていますね。(^^)

で、すかさずいかしたロック・ナンバーのM7ですね。圭右さんのギターもゴキゲンで、サウンドも一番ビートルズに近い感じですね。M8も、ちょっっぴりボードビル風味の隠し味をまぶして、ポールしてくれています。M9では、ハーモナイズド・ギターがいい感じを出しているブリティッシュ・ポップ・チューンです。この曲は、ちょっと気合入っているって感じですね。(^^)

M8は、ちょぴりラテン風味ですね。哲ちゃんのギターが、凄く効いているのですよ。ホント、彼のギター・プレイは「曲を活かす」とはどういうことなのかを教えてくれますよね。(^^)で、ラストのM10では、60年代アメリカン・ロックのエッセンスを杉さん風の解釈で提示してくれています。ENDLESS SUMMERって感じですね。歌詞を眺めてみても、この曲の持つ意味の大きさが感じられます。緻密な計算づくのことなんだろうけれど、「まだまだ完成品じゃないんだよ」とさらっと言い放つようなアレンジ・ワークがニクいところですね。

アルバムを聴き終えてみて、結構バラエティに富んだ内容だったことに気付きます。ボサノバ風味とか、杉さんならではの味の曲もありましたしね。ただ、ドラムがプログラミングのみというのがちょっと物足りないのと、杉さんがまだまだ余力を残しているなと(「余裕」ということですが)感じられるところが、若干残念なところです。今の杉さんの100%の作品(今回のアルバムで「手抜き」してるという意味じゃないですよ。まあ、作品へのスタンスとして、「ラム」よりも「マッカートニー」的なものを感じたということです。)を聴きたいという気にさせられる、罪づくりなアルバムですね、ホント。(^^;

<ポップ・ミュージック / 杉真理 / JPN / OAK / OMCA-5005 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。