第75回  HIGHWAY / AMERICA

Disc 1 : Riverside / A Horse With No Name / I Need You Rainy Day / Here / Three Roses / Sandman / Everyone I Meet Is From California / Ventura Highway / To Each His Own / Don't Cross the River / Cornwall Blank / Only In Your Heart / Saturn Nights / Hat Trick / Molten Love / It's Life / Submarine Ladies (unedited, alternate mix)

Disc 2 : Muskrat Love / Green Monkey / She's Gonna Let You Down (single edit) / Rainbow Song / Tin Man / Another Try / Lonely People / Hollywood / Baby It's Up to You / Old Man Took / Simple Life / Sister Golden Hair / Daisy Jane / Woman Tonight / Who Loves You (alternate mix) / Lovely Night / Amber Cascades / Can't You See / Watership Down(alternate mix) / Letter (alternate mix) / Today's The Day / Sarah / Are You There / God Of The Sun / Sergeant Darkness

Disc 3 : California Dreamin' / All My Life / Only Game In Town / 1960 / Survival / The Last Unicorn / You Can Do Magic / Inspector Mills / My Dear / The Border / She's A Runaway / (Can't Fall Asleep To A) Lullaby / Special Girl / Nothing's So Far Away (As Yesterday) / Young Moon / Greenhouse / Mitchum Junction (demo) / Satan (demo) / Ventura Highway (demo) / James Holladay (demo) / Riverside (demo)

先日東京に行った時、雑誌を買おうとふと立ち寄ったHMVのボックス・セット・コーナーで、こんなCDボックスを見つけちゃいました。(^^) そう、アメリカのボックスセットです。3枚組なので、さすがにアメリカの長い歴史の隅々まで収めることはできなかったようですけれど、代表曲と若干のレアテイクを交えて、丁寧に編集してありました。おまけに、タイトルもちゃんと「H」で始まっているのです。(^^)

僕は「金色の〜」以来のファンで、一番好きなのがEMI時代のアルバムという、ちょっと変わり者のファンのひとりなのですが、そんな僕でも、この曲は入れて欲しかったなって曲が何曲もありますけれど、ブックレットの写真を眺めながら収録曲に対するコメントを読んでいると、そんな思いはどこかに行ってしまいました。さすがに(当然、英語だし)まだ全部は読んでいないのですが、解説のほうも丁寧に編集してあることが即座にわかります。(^^)

ベストなので、楽曲についていちいちコメントする必要もないでしょうけれど、どの作品も、アメリカならではの優しくてさわやかなポップ・サウンドが堪能できます。数曲入っている別ミックス音源や、デモ音源も、なかなか興味深かったですけどね。

強いて取り上げるとすれば、ディスク3の1曲目でしょうか。サントラ盤に収録されていた曲ですが、ママス&パパスの大大ヒット曲を、ホントに自分たちのサウンドにして演っていますよ。(ちなみに、僕はこのテイクのほうが好きですけどね。)

ということで、ちょっと値段は高めですけれど、充分にもとのとれるアルバムだと思います。

 < HIGHWAY / AMERICA / US / RHINO / R2-79887>


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。