第74回  BEWILDERBEEST / THE SUN SAWED IN 1/2

1.KISS HER LIKE YOU MEAN IT / 2.THE BEHOLDER & HIS EYE / 3.IN THE KYIV SEA / 4.MEMYSELF&EYE / 5.SHINY OBJECTS / 6.SONG NO.11 / 7.SHINING KNIGHT / 8.DENNY'S LOUNGE / 9.EVERYTHINGOES / 10.PAINTING / 11.TODAY I FEEL / 12.STILL RAIN / 13.SETTLE DOWN / 14.WHAT SOOUL HAVE I

前回に続いて、今回もTHE SUN SAWED IN 1/2のアルバムです。このニュー・アルバムは、つい最近発売されました。キース・オルセンとの共同プロデュースによる前作が煌びやかなポップ・アルバムになっていたのと比べると、このアルバムの楽曲群は、全体的に地味な仕上がりになっています。前作をジェリー・フイッシュとすれば、新作はスクイーズやクラウディッド・ハウスのような感じですね。(もしかしたら、今回の音こそが、彼らの本来の音に近いのかもしれないとも思いますけどね。)隙の全くなかった前作に比べると、今回はずいぶん彼らの音楽的ルーツの部分が垣間見られるようです。

正直な話、僕はこの新作のほうが気になるのです。ジャケットもメロディーもパワーもポップ・アルバムとしての仕上がり具合も、それにアルバムのオススメ度としても前作のほうが遙かに上なのだけど、このアルバムに感じられる「本音」の部分が、何故か僕にはひっかかっているのですよ。

ラジオのノイズのような音から、いきなりスクイーズのようなパワー・ポップが飛び出してくるM1、60年代風12弦サウンドからまたまたスクイーズ風のポップを聴かせてくれるM2(一番シングル向きの佳曲ですね。個人的にはベスト・トラックです。(^^))あたりは、地味ながらも前作からの流れを感じることができます。

でも、M3あたりから、サウンドはずいぶんと地味になってきます。M3はフィドルを使い、M4のイントロの役割になっていますが、M4では、地味ながらも印象的なメロディーがアコースティック楽器のバッキングで物語唄(本来の意味でのバラード)風に唄われていきます。この感じは、クラウデッド・ハウスの楽曲(あちらはエレクトリックな音だけど)に近いものがありますね。

M5もつなぎ的な小品ですね。M6は、アコギのカッティングが印象的な曲で、ビートを利かせ始めてからは、ソフト・ロック風の展開になっていきます。柔らかいコーラスが心地いいですね。

M7は、再びクラウデッド・ハウス風の曲です。メロディーといい、コーラスの付け方といい、地味ながらもツボにはまっているねってところでしょうか。途中のアカペラの部分は、やっぱりビーチ・ボーイズを意識してるのかな?M8は、またノイズから始まるのですが、ずいぶんジャジーな曲です。ギターのフレーズも音色もいかにもそれ風ですしね。(^^;M9は、60年代風のオルガンの音が印象的な、またまたジャジーな曲です。

M10は、70年代(マイナー・)ポップの影響の見える曲です。はじめは押さえておいて、サビで見せてくれる一瞬の爆発を、よけいに際だたせてくれてます。アコギのソロも見事ですね。M11は、またフィドルを使ったアコースティックな曲です。

M12はアコギのカッティングが曲をリードしていきます。最初のバースは地味なのですが、そのぶんだけサビの部分のキャッチーなコーラスがポップにきこえます。M13は、アルバムのラストの曲によくありそうな、ゆったりとしたバラード曲です。それまでの楽曲と比べると、シンプルながらも厚みの加わった音になっています。

前曲からそのままつながって始まるM14は、フィドルやリリカルなピアノをフィーチャーした曲です。ちょっと感じは違うかもしれませんが、デビッド・シルビアンのソロの曲のような、地味な盛り上がりを見せてくれますね。ただ、この曲が終わっても、CDは14トラックのクレジットのままで延々と回り続けるのです。曲が終わって10分経っても、まだまわっています。僕はそのあたりで演奏を止めちゃったのですが、クレジットを調べると、このトラックは35分ちょっとあるのです。途中でどこかに音は入っているのかな?

このアルバムは、ポップ・ファンの人すべてにオススメできるものではありません。でも、クラウデッド・ハウスの4枚目のような、「地味なサウンドの中の繊細なメロディー」という音を好きな人なら、もしかしたらハマりまくるかもしれませんよ。(でも、「俺はバリバリのポップが好きだぜ!!」という人ならば、迷うことなく前作を買ってくださいね。)

なんとも不思議なアルバムですね、これは。

 < BEWILDERBEEST / THE SUN SAWED IN 1/2 / US / NOT LAME / NL-056 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。