第70回  LIGHTS ON / PRICE - SULTON

1.SHOTGUN SHY / 2.NO T.V. NO PHONE / 3.LIGHTS ON / 4.TAKE ME AWAY / 5.SHANA / 6.SOMETHING GONNA HAPPEN / 7.STORIES / 8.RECKLESS AND WILD / 9.HEAVENS GIRL / 10. OH NO

ずいぶん前の回で、カシム・サルトンのソロアルバムの紹介をしたのを覚えておいででしょうか?その時、機会があったら書きますと言っていたのが、今回のアルバム「ライツ・アウト」です。僕は、最初はアメリカ盤のカット・アウト盤のLPで見つけ、その後、最近になってから日本盤のLPを見つけて「日本でも出てたんだ」と、びっくりしたのです。でも、今回、日本盤のCDを見つけてしまい、もっとびっくりしました。−CDでも出てたんだぁ。−

このコーナーの読者なら、カシム・サルトンのほうはあまり解説の必要はないでしょう。トッド・ラングレンのユートピアのベーシストとしての彼は、ポップ・フリークなら知らない人はいないでしょうからね。相棒のトミー・プライスは、ビリー・アイドル・バンドやスキャンダルで活躍していた人です。

カシムがベースとヴォーカル、トミーがドラムス&パーカッションとヴォーカルとギターを担当し、ギターのフィル・グランデとキーボードのダニー・ルイスと4人でベーシック・トラックを録ったそうです。で、ゲストの面々がそれに加わる形でレコーディングが行われたそうですよ。

ゲスト陣の中には、エリオット・イーストン(カーズのギタリストです。機会があれば、彼のソロアルバムのことも書いてみたいんですけどね。)、スティーヴ・スティーヴンス(ビリー・アイドル・バンドのギタリスト)、トム・マンデル(ブライアン・アダムス・バンドのキーボード・プレーヤー)、ジョーン・ジェットという顔ぶれを見ることができます。

楽曲は、すべて二人もしくは二人+共作者というパターンで書かれています。M1は、シンセサイザーとギターのミュート・リフに乗ってはじまる、ミッド・テンポのロックン・ロールです。60年代っぽい風味を隠し味にしたアメリカン・ポップの王道路線の曲ですね。M2は、いかにもユートピア風のサウンドとメロディーを持った曲です。ユートピアに比べるとキーボードが軽いですけどね。でも、サビのところなんか、ホントにユートピアみたいですよ。(カシム・サルトン節とでも言いましょうか。(^^))間奏のエリオット・イーストンのソロもゴキゲンです。この人、ホントに味のあるギターを弾きますね。

タイトル曲のM3も、ポップなロックン・ロールです。カシムのヴォーカルもいい感じですね。キーボードのオブリガードのフレーズがどことなくカーズ風なところがあるのは、偶然かな?M4は、プログラミングされたドラムに乗ってギター・リフとキーボードのコードで構築されていく曲です。ドラマティックな構成ですね。

M5は、軽いビートに乗って唄われる曲です。当時のアメリカン・チャートに入ってもおかしくないようなポップな曲ですよ。特に、サビの覚えやすい甘酸っぱいメロディーは印象的です。この曲でもエリオット・イーストンのギターが光る、シングル向きの曲ですね。

M6は、レコードではB面のオープニングになります。ミッド・テンポのロック・ナンバーで、徐々に盛り上がる感じの曲です。ちょっと地味すぎるかもしれませんが、これも当時のアメリカっぽい曲ですね。M7は、軽快なロックン・ロールです。楽曲的には、チープ・トリックに近いものがあるかな?

M8は、バラード曲です。リズムはゆったりした16ビート調ですね。メロディー自体にそれほどの魅力がないのと、バック・コーラスが曲に合わない時があるというのは、惜しいところです。

M9は、ゲストのサックス・プレーヤーも加わって、ミッド・テンポのロックを聴かせてくれます。メロディーとコーラス・ワークも心地よく響きますね。この曲も、カシム節が随所に出てくる佳曲だと思います。間奏がちょっと間延びするのがホントに惜しいところです。(僕がプロデューサーなら、M5とこの曲のカップリングでシングルを切ると思いますけどね。(^^;)M10は、ラストにふさわしく雄大(鈴木さんじゃないよ(^^;)に締めくくるタイプの曲ですね。

ということで、カシムのソロと比べると、よりストレートにロック風味とライヴ感の現れた曲だと思います。すべての人にオススメのポップ・アルバムとは言えませんが、カシムの曲が好きな人にはたまらないアルバムであることには違いありません。そう言えば、このセッションでは、もう1曲レコーディングしているそうで、それがシングルのB面になる予定だったそうです。実際はどうなったのかな?日本盤でシングルが出てるといいんですけどね。

 < LIGHTS ON / PRICE - SULTON / JPN / SONY / 32DP-586 >


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。