第67回 BEATNIK BEATCH / BEATNIK BEATCH

 1.BEATNIK BEATCH / 2.LONESOME TOWN / 3.MARIA / 4.LOVE ON YOUR SIDE / 5.HARLEM / 6.WELCOME / 7.SARGEANT LASARD / 8.HOW MUCH DOES LOVE COST / 9.WORTHLESS HEART / 10.WATCHING THE RAIN

さて、今回は BEATNIK BEATCH のセカンド(というか、メジャー・デビュー)アルバムです。このバンド名を見てピンとこなくても、メンバーの名前をあげると「ふむふむ」と思うことでしょう。GUITARS : GEORGE COLE, BASS & VOCALS : CHRIS WITT KETNER, KEYBOARD : ROGER MANNING, DRUMS & VOCALS : ANDY STURMER....ねっ。(^^)そう、このバンドは、ジェリーフィッシュの前身と言えるバンドなのです。ちなみに、アンディーとクリスが全曲を書いています。

彼らは86年にマイナー・レーベルからデビュー・アルバムを出し、アトランティックから出たこのアルバムがセカンドになります。ファースト・アルバム「AT THE ZULA POOL」(残念ながら僕はブートレッグしか持っていないけど)にも、M1,M2,M4,M5,M9,M10の6曲が収録されていますけどね。というわけで、このアルバムはセカンドといいながらも、彼らにとってはデビュー・アルバムの意味合いが強かったであろうことは想像に難くありません。

で、肝心の中身ですが、とびっきりのポップ・ロック・アルバムになっています。ジェリー・フィッシュのセカンド・アルバムに見られるような緻密な楽曲とはいきませんが、オーソドックスなパワー・ポップに素敵なメロディーがぎっしりと詰まっています。個人的には、クラウデッド・ハウスの楽曲に近いものを感じましたけどね。(^^)

M1はバンドのテーマ・ソングでしょうか。アコギの刻みを中心とした渋いナンバーです。こういう曲でオープニングを飾るとことろに彼らのこだわりが感じられますね。(^^)M2は、突き抜けるようなパワー・ポップです。軽快ないかにもシングル向きの曲ですね。M3は、落ち着いた感じの曲です。リリカルなキーボードとフレットレス・ベースに導かれて曲が進行する中、印象的なコーラスが飛び出します。アレンジの妙が楽しめる曲です。

M4は、オーソドックスなギター・ナンバーです。ゆったりとしたリズムに支えられて、素敵なメロディーが唄いあげられていきます。コーラスも心地よく、個人的には一番のお気に入りです。(^^)M5は、またアップテンポのポップ・ナンバーです。ずいぶんアメリカ的な響きがしますね。これもシングル向きの曲です。

M6は、スライドギターのイントロから導かれる、マイナーでちょっとジャジーで、どことなくクラウデッド・ハウス風の曲ですね。(というか、こっちのほうが先ですけどね。)M7はアコギのミューティングの刻みで引っ張っておいて、サビのところで一気に弾ける構成が見事な曲です。そんな中で、あくまでクールでリリカルに流れるピアノが印象的です。

M8は、ちょっとブルージーなミッド・テンポの曲です。ギターの音もエコーが効いて60年代風ですね。M9はストリングス(たぶんキーボード)の音に導かれて始まるゆったりとした曲です。アレンジからもメロディーからも中期のビートルズの香りが漂ってきますね。(^^)

M10も、キーボードとベースが印象的な、アレンジを聴かせるタイプの曲です。メロディーもマイナー調で、日本人受けしそうな曲ですね。自分の好みをおいといて冷静に聴くと、演奏、アレンジ共にアルバム中のベスト・テイクでしょう。

ということで、全10曲があっという間に終わってしまいます。最初に書いたようにジェリー・フィッシュのような緻密さはありませんが、若かりし頃の彼らの意気込みは十分に感じられるアルバムですよ。

ところで、困ったことに、このアルバムはかなりの入手困難盤なのです。アメリカのCDショップでサーチかけても出てこないし、あっても「BID(オークション)」になっているのがほとんどです。僕も、イーベイのオークションで競り落として(でも、50ドルの入札で抜かれるとは思わなかったんですけどね。ちょっと甘かったです。仕方なく抜き返しましたけどね。(^^;)ようやく手にしたんですけどね。アメリカでも最低それくらいはするようですよ。最も、OWSLEYのインディーズ盤の時には200ドルと言われた(買わなかったけど)ので、それに比べるとましですけどね。(^^;

日本の中古屋だったら(知ってる店ではともかく、)レギュラー・プライスで店頭に並んでいるかもしれないので、探してみてね。もしかしたら、ラッキーに巡り会えるかもしれないよ。(^^;どうしても聴きたい人は、ファーストとの2in1の形でブートCDが出てるので、探してみてくださいね。

 < BEATNIK BEATCH / BEATNIK BEATCH / US / ATRANTIC / 7 81854-2>


ご感想とかご意見とかがありましたら、どしどしメールくださいね。